心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね 時空を超えて              
    和歌山県訪問看護ステーション連絡協議会様の研修で講演をさせていただきました 

    何度もご依頼をいただき本当にありがとうございます

    当日、お忙しい中、尾花正啓市長が来てくれました

    34120430_1964383643680180_1286831833207537664_n.jpg


    34118608_1602772353199502_6161696735816056832_n.jpg

    永眠した夫がガンの手術を受けた数日後から当時小4だった長男 朝蔵(あさぞう)の担任をしてくれたのが尾花市長の奥様でした 当時、自分の力で動くことができなくなったニワトリのコッコが小学校にいました 

    コッコを通して本当に優しい心を教えてくれた先生でした 夏休みには、先生がご実家にコッコを連れてかえって最期を看取ってくれました 

    私の著書「ガンが病気じゃなくったとき」の中にも先生のことを書かせてもらっていますが、先生のおかげでいのちの最期を子ども達も感じさせてもらうことができたのです

    尾花市長、お忙しい中本当にありがとうございました

    訪問看護、大変なお仕事だと思います

    患者さんやご家族の心に寄り添っておられることに頭が下がります 病気と向き合っている患者さんやそのご家族にとって、看護師さんの存在は本当に大きいです

    訪問看護ステーション連絡協議会様の皆さま、本当にありがとうございます


    ここからは訪問看護ステーション連絡協議会様がFBページにかいてくれた文と写真です


    総会の後は、第1回研修会
    『人権擁護』という固いテーマでありながら、岩崎順子さんの優しく温かい語り口調で癒された講演でした。

    今日のお話は、
    ある介護者の方の実話と
    岩崎さん自身のお母様の病気体験から学んだことについてでした。

    人権ってなんだろう?
    先生の話された「人権の根本になっているいのちを大切にする」という言葉が心に残りました
    皆さんの心にも、それぞれ何か温かいものが残ったのではないかと思います。

    サプライズもありました😲

    和歌山市市長の尾花正啓氏が、急遽参加して下さいました。
    せっかくの機会なので一言ご挨拶を、
    とお願いしたところ「勉強に来ただけなので」と遠慮されていましたが、再度のお願いに
    「では、簡単に」とご挨拶下さいました。
    和歌山市でも、医療・介護の課題は山積みであること、地域包括ケアを実現していくには上から下へ流れるような指示系統の確立と実践・多職種連携の必要性について触れられ、それを実現するために看護職に頑張って欲しいとエールを頂きました。

    新年度の出発にふさわしい、ありがたい講演と
    サプライズでした。
    心から感謝です(^人^)
    ありがとうございました。

    34199599_2115693768712563_4505660984039309312_n.jpg

    スポンサーサイト

    医療法人 博文会 児玉病院様で講演をさせていただきました 

    演題「ご本人やご家族が求める安心感」

    土佐淳一事務長はじめ職員の皆様ありがとうございました

    top_image.jpg

    共に幸せを生きるまちづくり人権講演会

    6月9日(土)18時30分~20時 

    京都府福知山市 川口地域公民館で講演します

    「認知症の向こう側にある心 おじいちゃんから孫へ」 参加無料

    どなたでも参加いただけます

    お近くの方はどうぞ

    問い合わせ 主催 福知山市地域振興部 人権推進室 0773247021

    00001949.jpg



    スクリーンショット (2216) 
    写真はHPより

    http://www.news2u.net/releases/160539 → こちらのページをごらんください


    近畿大学附属和歌山中学校(和歌山県和歌山市)は、平成30年(2018年)5月28日(月)に、全校生徒を対象に「命の大切さ」をテーマにした人権教育講演会を実施します。

    今回は「いのちの講演家」として講演活動をしている岩崎順子氏をお招きします 

    【本件のポイント】
    ●生徒の豊かな人権・道徳意識を育むことを目的として開催
    ●「いのちの講演家」として全国で970回以上の講演を実施している岩崎順子氏が講演
    ●講演を通して、生徒が「命の大切さ」を改めて考える機会に

    【本件の概要】
    近畿大学附属和歌山中学校では、文部科学省が掲げる人権教育の指針に基づき、毎年、全校生徒を対象に「命の大切さ」をテーマとした講演会を実施しています。本講演会は平成23年(2011年)から行っており、今回で8回目の開催となります。

    今回は、「いのちの講演家」として全国で講演活動を行っている岩崎順子氏を講師としてお迎えします。「いのちからいのちへ 心から心へ」と題し、生徒の豊かな人権・道徳意識を育みます。

    ■日時:平成30年(2018年)5月28日(月)14:30~15:20

    ■場所:近畿大学附属和歌山高等学校・中学校 体育館
        (和歌山市善明寺516 JR阪和線「和歌山駅」から和歌山バスで約15分
        「近畿大学附属和歌山校前」下車すぐ)

    ■対象:中学生全学年(553人)

    ■講師:岩崎 順子氏

    ■演題:「いのちからいのちへ 心から心へ」

    【講演者プロフィール】
    岩崎 順子(いわさき じゅんこ)氏
    いのちの講演家/(公財)和歌山県人権啓発センター登録講師

    家族と支えあいながら、肺ガンの夫を自宅での緩和ケアで看取った経験が心の深いところに届くと感動を呼び、全国で970回以上講演。いのち・人権・心・子ども・親子・高齢者・生と死・グリーフケアなど様々なテーマで、「命の大切さ」を伝え続けている。

    著書:『ガンが病気じゃなくなったとき』

    http://www.hwaka.kindai.ac.jp/


    和歌山県訪問看護ステーション連絡協議会様の会で講演させていただきます 

    対象の方が協議会員・医療介護の関係職種の方のみとのことです 

    申し込みは22日までとのことです

    スクリーンショット (2213)

     6月2日(土)(12:30~受付)
        13:00~14:15  総会 
        14:15~  休憩・研修受付 
        14:30~16:00 研修「人権擁護」 
        16:15 終了予定   

    場 所:シティ inn WAKAYAMA
        和歌山県和歌山市吉田432 TEL 073-423-2366

    講 師:公益財団 和歌山県人権啓発センター 岩﨑 順子 先生

    対象者:協議会員・医療介護の関係職種

    定 員:100名

    参加費:会員1,000円 非会員 2,000円    

    申込み:申込用紙に必要事項をご記入の上、FAX 073-425-9910 
        事務局までお申込み下さい。

    詳しくはこちらをご覧ください
     http://w-houkan.com/news/758.html