心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    大事なことを教えてくれたお坊さん 林弘真さんが永眠されました 67歳

    岩出市で昨夜はお通夜、そして今日は告別式

    奥様とお嬢さんが涙しながらも気丈に見送っておられました

    お二人の姿にジーンとなりました

    岩出市 新義真言宗のお寺のご住職 長野県出身

    棺の中にお花を入れるときに長野の親戚の方が長野県の歌を歌われました 

    周りの方々も歌いジーンときました(;;)

    体調が悪くなってからも大事なことを周りの人達に伝え続けてくれました 

    1月にお会いしたとき「楽しんで」と言ってにっこり笑ってくれました(;;) 

    そして最後に大事なメッセージを子ども達に遺そうとしてくれました 

    私の夫が昔、末期ガンで起き上がれなくなったときに岩出市のお寺から海南まで何度も来て枕元で話かけてくれました 

    静寂の時間でした

    いのちの源に還ってからも私達に色々なことを教え続けてくれるのだと思います 

    ただただありがとうしかありません

    特別な時間の2日間でした 

    ご会葬御礼と書かれた紙には奥様の温かい思いがいっぱい詰まっていました

    IMGP1177.jpg




    私の著書「ガンが病気じゃなくなったとき」に出てくる信頼しているある方というのがそのお坊さんです(下記の文です)
         
    自分が末期ガンであると分かった頃、あの人が流した涙で忘れられない涙があります。

    とても信頼しているある方が、いのちの期限も知ってくれていた上でこう言ってくれました。

    「圭介君、こども達にあなたが残してやれること。
    それは、あなたの【生き方】と【信頼】それだけだよ。
    あなた達のご両親が、あなた達にそうしてきてくれたようにね。
    あなたがいなくなった後も、あの生き方をした圭介君のこどもだよとみんなが思ってくれるくらいに。
    圭介くんのこどもなら、信頼できると思われるくらいに。
    こども達にあなたの【生き方】を残してあげて。」

    もう残された時間はない、その中で自分に出来ることは何か?何も出来ないのだろうか?

    焦っていた毎日。その中で、自分の【生き方】を残すということ、その言葉の中に、逆に【生きることの光】を見つけたようでした。

    生まれてからずっと、どんなときも何があっても両親にもらい続けてきたもの、与えてもらったもの、そして、今度は自分がこども達に残せるもの、本気で残せるもの。

    それを思ったとき、涙があの人の頬を静かにつたっていました。

    忘れることの出来ない横顔でした。悲しみの涙ではなく、何かが内側から湧き出てくるような。

    とても静かに。本当に静かに。
    スポンサーサイト

    17021519_1428000573985159_5736755734833677138_n.jpg


    20170226_talkshow.jpg

    【ホエール和代の三姉妹と嫁×著者 梶山寿子トークショーINフォルテワジマ】

    「行かせてもらってほんまによかった~」って思いました(^o^)丿

    すごく楽しみで一番前で聴きたくて開場前から並びました 

    会が始まり和代さんご夫妻の映像の前に三姉妹さんとお嫁さんが椅子に座った段階で早くもじーんときました

    梅田千景(うめだちかげ)さん

    島章江(しまゆきえ)さん

    龍見恭子(たつみきょうこ)さん

    山田都(やまだみやこ)さん

    著者 梶山寿子(かじやまとしこ)さん

    それぞれキャラクターの違う三姉妹さんとお嫁さんから次々と出る楽しいエピソード

    大変な時代を乗り越えてこられたお話

    【紀州のエジソンの女房】を読ませてもらっていたので、色々なエピソードが更に笑えたり、更にじーんときたりしてあっという間の時間でした 

    NHKの朝の連続ドラマになったらいいなと思っていましたが、私は近い将来なると思いました

    著者の梶山さんから、もしドラマ化されたらそれぞれ、どの俳優さんや女優さんが演じるかという質問の答えも楽しかった(*^▽^*)

    島和代さんが赤い服を着てこの会場におられたと思います

    もうすぐ桜の季節、今年は紀三井寺の正博桜と和代桜に会いに行きますね

    主催された宮脇書店和歌山店 西田聡社長

    素敵な企画をありがとうございました 

    16939590_1428002093985007_3844014429212681026_n.jpg

    16864515_1428001580651725_8463657528428735123_n.jpg

    16806852_1428002470651636_4174081545267968579_n.jpg

    20170226_talkshow.jpg

    【ホエール和代の三姉妹と嫁×著者 梶山寿子トークショー IN フォルテワジマ】

    2月26日(日) フォルテワジマ3F 

    島和代さんの生涯が【紀州のエジソンの女房】というご本になりました 

    「紀州のエジソンの嫁」著者 梶山寿子さん

    島和代さんには生前、ラジオを通してご縁をいただきました

    この本を読ませていただきご家族が色々なことを乗り越えてこられた姿に感動しました 笑いあり涙ありのご本です

    ぜひ読んでみてください(*^▽^*)

    NHKの朝の連続ドラマになればいいと思っています

    一昨年、色々なご縁で島和代さんの長女でおられる梅田千景さんと出会いました

    気さくで優しい千景さんに私達家族はとてもお世話になっています

    26日、美人三姉妹さんと美人お嫁さんが揃います

    島和代さんもその場に必ずおられると思います

    ぜひ行かせていただきます

    主催 宮脇書店 和歌山店様です 

    とっても楽しみです 



    東野健一さんが他界されたことを知りました 

    東野さんは独自の紙芝居をされていた方です 

    海南にも和歌山の松林寺様にも来てくれたことがある方です

    片岡玉恵さんが東野さんを呼ばれた際に、片岡さんが提案してくれて午後から私が当時経営していた「子ども服のティンクル」に来て紙芝居をしてくれました

    昔家族が入院したことを知った東野健一さんが兵庫県から和歌山まで「元気になるように紙芝居を持って病院にいきます」と電話をくれました

    ホールでも響き渡るようになものすごーく大きな声でする紙芝居なので「元気になったらお願いします」と言って笑ったことがあります
    you tubeに元気な頃の姿がありました

    2016年9月 他界される4カ月前なのですね


    懐の大きなスケールのでっかいかたでした

    素晴らしい紙芝居をごらんください 

    ご冥福を祈ります

    時空を超えてここにいそうです




    毎日新聞より

    インドに伝わる絵巻物「ポト」を描き、紙芝居のように語る絵巻物師「ポトゥア」として活躍してきた東野健一さん=神戸市須磨区=が今月6日、がんのため同市内の病院で亡くなった。70歳だった。

    東野さんは40歳で大手企業を退職。

    その前に大阪日本民芸館で目にしたポトに魅せられて、インドの西ベンガルを訪問。帰国後、インド人以外ではおそらく唯一のポトゥアとして活動してきた。

    ポトに描かれるのは想像上の世界を含めた動物や植物、インドの神様など。

    東野さんの滋味あふれる絵に大きな声と身ぶりが重なると、動物や神様が生き生きと動き出し、見る者を一気に引き込んだ。

    一昨年、末期の胃がんで余命半年と宣告された。

    東野さんは、大きな治療をせず「やることをやりきろう」と決めた。

    昨年1月17日に神戸市内で開いた「宇頂天果無ポトゥアの宴」は、「最後のイベントになると思う」と自ら告知。

    笑顔に包まれた宴で、約1300人が東野さんの芸を目に焼き付けた。

    その後もインドを訪れるなどしていたが、秋に体調が悪化した。

    「見事に生ききった」と話すのは、長年の友人で葬儀委員長を務めたイラストレーターの涌島克己(WAKKUN)さん。

    自らを「表現の芸人」と最後に書いた東野さんは、ポトを体現するように人々と生の交流を愛し、自然に返るように旅立った。
    【岸桂子】



    神戸新聞より

    「ポトゥ」と呼ばれるインド式絵巻物を自作・自演する国内唯一の絵巻物師(ポトゥア)で美術家の東野健一(ひがしの・けんいち)さんが6日午後9時35分、がんのため、神戸市兵庫区の病院で死去した。
    70歳。神戸市長田区出身。
    自宅は神戸市須磨区内。葬儀・告別式は近親者らのみで執り行う。

    40歳で会社勤めを辞め画家に。インドで出会った絵巻物師に魅了され、弟子入り。帰国後、各地で紙芝居のように絵巻物を語り演じるパフォーマンスを披露した。
    1995年の阪神・淡路大震災後には避難所で上演し、被災者らを励ました。

    2015年末に末期の胃がんが見つかり、余命半年と告知されたが手術を選ばず、絵画制作や上演を続けた。

    昨年11月、病状が悪化し入院していた。

    今月4日から、入院先の病院で、看護スタッフらが企画した作品展(10日まで)を開催していた。

    16487496_264065430698293_2562509119961613966_o.jpg

    16729518_1413910302060853_3942386168559909256_n.jpg
    林静哉さん と 静哉さんが打った文を読む千津子さん 

    2017年2月11日(祝)

    和歌山市 やまぐちささえ愛センターで講演会がありました

    林静哉さんが45歳のときにALS(筋萎縮性側索硬化)とわかった時の気持ち、その後、そして今に至るまでの気持ちを書いたものを奥様の千津子さんが読んでくれました 

    左手の親指だけが動くので一文字、一文字打った文です。

    お二人の気持ちは本当に心に響きました
     
    「まさしく地獄の底に突き落とされた思いで、目の前が真っ暗になり、この世の終わりかと思うぐらいのショックでした」と静哉さんはいのちのコラムに書かれています 

    静哉さんの叔父さんは若くして失明されたそうです 

    その叔父さんが「静哉、ない物をねだるなよ ある物を喜べよ」と常に言ってくれたそうです 

    千津子さんは「私にとってこの世で一番憎い病気というもので終わっていたと思います でも今は笑いあり、感動あり、夫婦喧嘩もしながら」と話してくれました

    私は徳重亜喜代ちゃんのおかげで林静哉さんご夫妻と知り合いました
     
    静哉さん、千津子さん、この会を企画した谷正義君 ありがとう

    そしてそれを実現させたボランティアスタッフの方々、本当にありがとう

    ご自身の体験を通しての言葉は心に響きました 

    本当に響きました 

    教えてもらうこと 気付かせてもらうことがいっぱいです 
    お家に行かせてもらうといつも元気をもらえます

    静哉さんは昨年9月還暦を迎えました チラシは赤の衣裳です

    16684626_373205389730341_1844379644_n.jpg

    16508703_580409705503082_675062957074736085_n.jpg

    16729962_373205379730342_1930455180_n.jpg





    ここからは2016年に書いたものです

    林静哉さん 45歳の時にALS(筋萎縮性側索硬化症) の告知を受けた時から今に至るまでの気持ちを「いのちのリレーコラム」に書いてくれました 
    ぜひゆっくり読んでみてください ここをクリック⇩

    いのちのリレーコラム

    親指1本だけでこれだけの文を書くのにはどれだけの時間がかかったことでしょうか 
    静哉さん ありがとう

    静哉さんの文の中に出てくる突然失明した叔父さんの存在 その言葉

    数年前に出会った林静哉さん 

    周りを笑顔にしている林さんご夫妻に会いたいと思っていました 

    訪問看護師さんもされている徳重亜喜代さんのおかげで林さんのご自宅に遊びに行かせてもらうことが出来てそれ以来ご夫妻と仲良くしてもらっています(=^・^=)

    いのちのリレーコラムは和田一郎さんが運営されています

    奈良の浦嶋偉晃さん→久保田千代美さん→岩崎順子→谷正義さん →江口日登美さん→岩本ひろ子さん→林静哉さんとバトンは受け継がれました 

    それぞれの生きざまがそこにあります

    こちらです 林静哉さんの文をぜひゆっくりと読んでくださいね

    他のみなさんの文もこちらから読んでいただけます

    スクリーンショット (1253)


    10441096_639854722799752_7431817915932261816_n.jpg

    林静哉さんの周りには笑顔がいっぱいです

    2015年クリスマスに林静哉さんのご自宅を訪ねたときのことを書いています

    クリスマス 林静哉さんのお家へ

    その日 静哉さんが書いてくれました
    下記の分は林静哉さんがフェイスブックに書いてくれました

    さすがユーモアあり(笑)


    25日のクリスマスの日に素敵な親子サンタさんが来てくれた。

    静哉は喜び庭かけ回り、ちづこは炬燵で丸くなるw(^o^)w

    私はふきちゃんにクリスマスプレゼントを貰いちづこは大好きな

    順子さんにハグをして貰ってた(^-^)

    最近にない、いいクリスマスとなったことはまぎれもない事実で
    あったことは間違いなしです(^o^)/~~