心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    800回目の講演を本日させていただきました
    田辺市 和歌山県立情報交流センター ビッグ・ユー300人の方がご参加くださいました
    和歌山県老人クラブ連合会様主催

    老人クラブリーダー研修会

    実体験に基づいた生きる智慧、生きる力を持っておられる年代の方々
    これからもその智慧を次世代に伝えていってください(^◇^)

    子どもたちの悲しい事件が増えています
    若いパパやママだけの子育てではなくおじいちゃん、おばあちゃん ご高齢の方の力がいまこそ必要になっているのではないでしょうか


    12047133_987510594700828_882608857178417948_n.jpg


    02.jpg

    人前で話をしたことがなかった私をみなさんが呼んでくださり育ててくれました
    おかげ様で、ひとり親になった当時まだ小さかった子ども達をなんとか育ててくることが出来ました 

    800回を迎えられたことおかげさまでと心から感謝します
    スポンサーサイト

    加古川市 南宗寺様 700回目の講演が加古川 そしてお寺様であることが嬉しかったです

    4年前にも素敵な笑顔で迎えてくださった南宗寺のご住職夫妻とお母様 

    昨日も変わらない笑顔で 迎えてくれました

    それでもいいよ と大きく受け入れてくれる そういう感じがする南宗寺様の阿弥陀さまとご住職夫妻 

    前回もそうでしたが 自然に心が緩みます ご夫妻のお人柄からなのでしょうね 

    阿弥陀様の前に立たせていただき お檀家さんにお話しをさせていただきました

    聴いてくれている方々の表情を見ながら話をさせてもらいます

    特に最後の5分間くらいの言葉は あらかじめこれを話そうと決めないようにしています

    その時間の中でみなさんとの間に一番感じ そして内側から自然に出てくる言葉をお話しさせていただくという形で来ました

    昨日、ある女性のお顔を見たときにふと出てきた言葉 
    「色々と後悔している方はたくさんいらっしゃると思います 亡くなられた方は その方に対して もう後悔しなくていいよ ありがとう  
    自分の道を歩いて行ってね 堂々と生きて行ってねと思ってくれているような気がします」

    堂々と生きる 

    終わってから お檀家さんが話しかけてくれました
    ご自分の体験や今日感じたことを聞かせてもらうことができました



    写真は 左から 駆けつけてくれたお二人・岩崎・南宗寺のご住職ご夫妻・前はご住職のお母様です
    一緒にご本堂の前で
    岩手県と大阪からお越しくださいました ありがとうね 本当に
    クリックすると大きくなります 

    700回目の講演に 東北へそれぞれの形で支援しているお2人の方が遠くから駆けつけて来てくれました
    ありがとう
    その方の言葉 「人から人への連鎖 人の心の光ですよ」
    遠くからお二人 ありがとう  

    加古川での講演は これで9回目になります
    同じ市町村の方から このように繰り返し呼んでいただけること 嬉しいですね

    南宗寺様 ホームページ


    FC2blog テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

    5月10日(土)
    700回目の講演となります 


    加古川市 南宗寺様
    2010年5月に講演に呼んでいただき 4年ぶりに伺います

    以前伺ったときにも ご家族で温かく迎えてくださいました


    兵庫県加古川市に伺うのは これで9回目になります
    加古川市のみなさまには これほどまでに呼んでいただき感謝しています

    南宗寺様 ホームページ


    順子 東大寺世界平和祈念法要

    クリックしてね おおきくなります 

    100回目は 奈良 東大寺 世界平和祈念法要 
    曹洞宗近畿青年僧30周年


    高野山シンポジウム


    クリックしてね おおきくなります 

    400回目は 高野山真言宗 高野山にて
    「いのちのシンフォニー」シンポジウム




    500回目は 東京 巣鴨 曹洞宗 白泉寺様 来馬英紀ご住職



    P1100410_convert_20121219230748.jpg
    600回目は 紀伊半島大水害で被害を受けた那智勝浦町立市野々小学校   
    石巻の仮設住宅の方々からの募金箱を届けさせていただきました



    700回目は 加古川 浄土真宗 南宗寺様


    お寺様とのご縁であるということ とっても嬉しいです

    仏縁に感謝
     

    台風被害の話 震災の話をするときにはいつも自問自答します

    本当に被害を受けた方々の気持ちに寄り添えているのか

    亡くなった方々の思いに添えているだろうか

    自己満足になっていないだろうか

    でも石巻仮設住宅の方々からの 募金箱を岩崎さんの手で那智勝浦 市野々小学校に届けて欲しいと言ってもらえたとき これでよかったんだと思えるようになりました 

    自分で市野々小学校まで行って届けようと思っていました

    ところが 以前講演に呼んでくれた元校長先生の松下稔先生が教育委員会にこの話をしてくれたそうです
    おかげで教育委員会さんが動いてくれて 市野々小学校のみんなの前でお話ができることに
    その後 先生方と地域のかたへの講演会まで企画してくれました

    それが600回目の講演会になったのです 
    まさか このときが600回目に・・・驚きでした

    自問自答しながらやってきたことが 「それでええよ」と見えない力に言ってもらえたような気がしました

    募金箱をもって市野々小学校へ向かいました 
    片道 車で3時間以上 台風被害の直後に言ったときとは 全く違う嬉しい気持ち 


    2012年12月12日 石巻を支援している方達が 提案してくれて始まった募金箱を 那智勝浦町立市野々(いちのの)小学校の子ども達に 届けてきました 1~6年生の子ども達との時間をもらいました

    P1100410_convert_20121219230748.jpg

    石巻を支援し続けてきている方々からのメッセージも 伝えました
    その文を 全て書くことができないのは、残念ですが・・

    「皆さんも本当に怖かったと思います でも、みんながあなたたちのことを応援しています。みんなで仲良く助け合って、今までの100倍楽しい那智勝浦町を作ってください」

    「全国から被災地へ、被災地から被災地へ、「お互い様」の精神で末永くつながっていられるよう、感謝を忘れずに活動に取り組んでいきたいと思っています。ぜひ一度、石巻にも遊びにいらっしゃって下さい 私もいずれ必ず那智勝浦を訪れます」

    ありがとう 石巻の方 そして 支援し続けている方々
    募金箱の中には、いっぱい心が詰まっていました

    市野々小学校は、まだ使うことができません 勝浦小学校をかりています 
    P1100415_convert_20121219231521.jpg

    子ども達が 元の校舎に戻れる日を 子ども達 先生 保護者の方々が望んでいます

    最後に 台風被害で 亡くなられた 景都(けいと)君(当時小2) を思いながら 音楽をきいてもらいました 手を合わす子 涙する子・・・ 

    台風被害で亡くなられた 景都(けいと)君が 目には見えない力で 応援してくれていると 私は信じたい

    この絵は、「笑顔最高 市小」という絵です 市野々小学校の5,6年の子ども達が 相談して 景都くんの絵を抱いたそうです 絵の下に 説明が書かれていました (その文より 抜粋)
    P1100454_convert_20121217233656.jpg

    被災して学校が壊れたり 大切な人たちのいのちが 失われました この絵は もう災害がないように描いたお守りです みんなで相談してけいと君の絵をかくことにしました やたがらすは 市野々小学校を守ってくれるという意味です けいと君が 学校や人を見ているようにしました けいと君にずっとずっと 見守っていて欲しいからです
    けいと君に喜んでもらいたいです この絵は 学校がなおったら ずっとかざってほしいです けいと君にみんなの思いがきっと伝わると思います



    石巻の女の子が 市野々小学校の子ども達に お手紙を書いて募金箱に入れてくれました 

     

    「市野々小学校にみなさんへ 
    大雨でつかえなくなったのは 悲しくなかったですか  
    私の学校は もう つかえなくなり ○○学校に かよっています  
    そのため 募金をおくります」


    そのため 募金を送ります という言葉  大人はこれを読んで恥ずかしくはないですか・・私は恥ずかしかったです 本当に恥ずかしかった・・・

    「今の子ども達は・・・ 今の若者は・・・・ 今の日本は・・・」って、人々は言うけれど・・・

    この子の手紙 みたら 「そんなことない!!そんなこと、グチャグチャ言ってる時間が あったら この子の手紙 読んでみて 」って言いたいです

    人のこと 文句言う人に限って 批判するばかりで 動かない

    時間が本当になかったら 現地に行かなくてもいいし お金が本当にないのなら募金しなくてもいい 
    それだけが、支援ではないと思います

    自分が今いる場所から 祈るだけでも 自分の周りの人に ちょっとだけ 優しくするだけでも 大きな意味で 復興に繋がっている 

    世の中のこと 他人のことを 批判する時間があったら 自分にできる 一歩を・・・

    この手紙は そういうことを考えさせてくれる


    「今の世の中は・・・」って、政治のせいにする
    「今の学校の先生は・・」子どもに問題が起こったら、学校にせいにする
    「行政は 何もしてくれない」 苦しくなったら、行政のせいにする
    「今の政治家は・・・ 今の学校の先生は・・・・今の公務員は・・・・・今の若者は・・・・」って、人を批判しながら、生きている人々

    政治の中で頑張っている人は、たくさんいる
    学校の先生の中で 子どもに寄り添って一生懸命の先生は たくさんいる
    役所で 必死になってくれている公務員さんもたくさんいる

    世の中、人のせいにばかりして 自分は動かない
    文句をいうことで 憂さ晴らしをしている大人 
    訴えたり 文句をいわないと損をすると思っている大人

    学校で 子ども同士のトラブルがあっても、すぐに文句を言っていくのではなくて 子ども達を 見守ってやってほしい
    学校は、勉強だけするところではない 
    いずれ 社会に出て、人間関係の問題にぶつかる その時に、超えていける力を養っていくために 練習できる場所 学ぶ場所 

    自分の子どもが正しいと主張するばかりではなく 相手の子さえも一緒に見守って あげてほしい
    親が 解決することではなく こどもたちが 時間をかけて 学ぶはずのことを 見守ってあげてほしい

    石巻の女の子の手紙
    被災したら 痛みがわかるからこそ 募金をしようとしてくれた女の子

    私は、恥ずかしかった...

    大人は 子ども達に 何を残せるのだろうか?
    お金ですか・・・家ですか・・・


    「よっしゃーーー もっと でっかいもの 子どもたちに 残したろうやないか」 って 思えた 

    石巻を支援している人たちの提案で 募金箱を設置 
    その募金箱に 仮設住宅の方々はじめ 石巻の方々が お金を入れてくれた
    自分たちが大変な中 台風被害にあった 那智勝浦の小学校に 募金をしてくれた 
    その募金箱を 運ばせてもらったからこそ
    そして この子の手紙に出会えたからこそ 更に思った 

    FC2blog テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

    IMGP1151_convert_20110718145206.jpg
    500回 500ヶ所 呼んでくださった方、その場に来てくださった方 
    本当にありがとうございます 出会いに感謝します 

    今から2ヶ月前 2011年 5月15日 500回目の講演をさせていただきました 

    500回目は、どこでさせてもらうことになるのだろうと思っていました

    東京都豊島区巣鴨 白泉寺様 
     
    2006年12月 曹洞宗全国所長様の会が、東京グランドホテルでありました
    和歌山の所長様が、ご縁を繋いでくださり講演をさせていただきました
    その後、すぐに東京に呼んでくださったのが 当時 東京都の所長をされていた
    白泉寺様でした
    東京都 曹洞宗 白泉寺 クリックしてね

    ご住職の奥様、副ご住職、お嬢さん、お孫さん、ご家族ぐるみで親切にしてくれます 

    ご本堂での 講演が終わると、思いがけないサプライズにビックリ 

    小学生のお孫さん 可愛い Mちゃんから ステキな 花束をいただきました 

    Mちゃんは、一緒に絵を描いたりして私と遊んでくれま~す
    IMGP1189_convert_20110719082439.jpg  後日、Mちゃんから、可愛いお手紙をもらいました  写真をクリックしてみてね 


    500ヶ所で、多くの方々との出会いがありました

    10人未満の会場から、千何百人の会場まで 

    ただ出会うと言うのではなく、そこには心と心のつながりがありました 

    今も、ずっと 可愛がってくださってくれる方
    再び呼んでくださる方 
    ご自分で育てた美味しい果物をくださる方
    「病気していたけれど、今は元気になったよ。作ったお米 食べてね」と言ってくださる方  
    当時は落ち込んでいたけれど、今は笑顔を見せてくれる方
    親子できてくれる方


    講演して、お互いにその場限り もし、そうなら出会った方々からこんなにも
    力をもらっていないかもしれません 

    北は、北海道(札幌、洞爺湖)から、青森(青森 八戸) 栃木(栃木、宇都宮 矢板 )群馬(月夜野)埼玉(大宮) 東京(巣鴨、駒込、杉並、池袋 港区芝 渋谷)神奈川(小田原、横浜) 山梨(北杜) 長野(安曇野) 福井(芦原温泉)岐阜(瑞浪 岐阜) 愛知(名古屋市熱田区 愛知郡 岩倉 丹羽郡 ) 三重(鵜殿 熊野市)京都(京都市中京区 西京区 福知山)大阪(大阪市 北区 中央区 浪速区 阿倍野 豊中 千里中央 高槻 箕面 長居、住吉 八尾市 堺 河内長野 貝塚、熊取 泉南)
    兵庫(篠山市 宍粟市一宮 波賀  加古川 姫路 宝殿 豊富 舞子 豊岡)滋賀(大津 おごと温泉 琵琶湖 近江八幡) 
    奈良(奈良市 吉野) 和歌山  島根(松江) 広島(広島市) 山口(山口市)

    和歌山県内は、書ききれないくらい沢山の会場に行かせていただきました 
    子ども達が大きくなってからは、遠くにも行かせてもらいました


    聞いてくださった方が、ご自分の住んでおられるところに
    呼んでくださり、またそこで聞いてくださった方が、ご自分の
    ところに呼んでくださり・・・人から人へと伝えてくださり 500回となりました。
    心より感謝しています 

    病院、医療、看護、訪問看護、介護、緩和ケア、在宅ケア、福祉にかかわっている方々 

    小中学校、高校、専門学校、養護学校、大学、保育所、幼稚園の保護者、子どもさん、先生方 

    お寺、宗務所、管区センター、布教師会 県市町村職員 障害をもたれた方の家族会、企業の研修 

    ライオンズクラブ、ロータリークラブ、青年会議所、人権教育 いのちの教育、市民グループ等々 

    年齢は、幅広く 幼稚園児さんから 90代の方まで 

    免疫力の話 沖縄地上戦の話 仕事の話 認知症の話 心の根っこの話 高校生の女の子の話 親子の話 子育ての話 反抗期の話 おじいちゃんから孫への話 うつなど心のトンネルの話 いのちを通しての人権の話 人はそれでも立ち上がっていく話 
     
    笑いながら、じーんとしながら聞いてくださっているようです

    小中学校では、自分が生まれてきたときの重さをお家で聞いてきてもらい
    同じ重さの袋を ダッコしてもらったり、クイズをしたり 絵本を読んだり 参加型  

    すべて いのち、心 人と人 の事がテーマ 自分の体験を通しての内容です  

    10回以上、来てくださった方も沢山おられます
    なんと 23回もきてくれた女性もおられます(笑)

    500回で お花をくれた お孫さんの可愛いMちゃん 
    ビアグラスにカッティングメッセージをいれてくださった方 
    ごちそうしてくれて楽しい時間を作ってくれた方 
    ケーキをこっそり準備して驚かせてくれた会のかた 
    ありがとう

    初めての講演から 500回までの間には、いっぱ~い 泣いたり 笑ったりしてきました

    ドジドジで 器の小さ~い自分を 支えてくれた方々に感謝です 
    こんな奴ですが(笑)これからもよろしゅうに 


    遠く離れている方々にも、ブログを通してありがとうをお伝えします 


    FC2blog テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育

    [2011/07/19 07:45] | ○岩崎順子 500回 600回 700回 800回目の講演 お礼
    トラックバック:(0)


    ゆうじ
    おめでとうございます[��ʸ��:v-10]

    その中の2回聞かせて頂けて嬉しい気持ちです[��ʸ��:v-238]

    またどこかでお話を聞かせて頂けるその日までごきげんよう[��ʸ��:v-222]


    ゆうじ様
    poku
    きのくに志学館メディア・アートホールと 鷺の森別院で聞いてくださいましたよね

    ありがとうございました



    おめでとうございます♪
    志水
    blog見ました!!
    私もあのとき講演を聞けてほんとに良かったです。
    あのときは辛くて辛くて
    そのあとも悲惨な日々でした。
    でもいま、こうやって夢を叶えれたこと、本当に幸せです。
    回りのみんなに支えられここまでこれたのでいつか恩返ししたいですね。♪(o・ω・)ノ))

    Re: おめでとうございます♪
    poku
    志水様
    とても若くして、次々と経験しなけばならない日々だったね。辛い環境の中でも、自分の志した道に進んだこと拍手を送りたいです。今までのこと、きっと大きな力になると思うよ。身体は大事にするんだよ。

    コメント:を閉じる▲