心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    「ぴっぴちゃん。これ」と言って孫の未織(みおり)5才と美里(みさと)3才がザ・プレミアムモルツに絵を添えて仏壇に供えてくれました

    前にも書きましたが何故か、ぴっぴちゃんと呼ばれています 笑 

    敬老の日 

    おばあちゃんらしいことを何ひとつしていないのに、いつも優しくしてくれるのは長男 朝蔵(あさぞう)のお嫁さんりっちゃんのおかげです 

    本当にありがとうね 

    ひとり親として、おかんとしては無我夢中で子育ては頑張ったと思いますが、おばあちゃんになってからはおばあちゃんらしいことをさっぱりしていなくて本当に申し訳ないと反省200%です 

    すまぬm(__)m 

    でもまだ働きづづけますね 

    21751609_1667190883399459_6723131063079633543_n.jpg
    長男家族の写真は出すのは前からNGという事なのでビールだけUPしますね(*^▽^*) 
    スポンサーサイト

    小樽の義父や姉や夫のお墓参り 

    お墓は山の上にあり雪で覆われ10月~5月はお墓に行くことができません 

    年内でお墓の前までいけるのは5カ月ほど 

    山の上まで車で行きそこからきつい坂を降りるので母はもうお墓の前まで行くことができません 

    小樽の義父の兄弟11人、義母の兄弟11人 

    若い頃、行く度に親戚の人が沢山集まって親戚の叔父さん達にお酌をし続け大忙し(笑)

    連日宴会のように賑やかでした(笑)

    旅立っていき今は叔父さん達はほとんどいません(::)

    今年の夏、日が合わせられないのでバラバラにですが小樽のおばあちゃんに全員会いに行ってくれます 

    2人のお嫁さん達もおばあちゃんところに喜んで行ってくれること、本当に有り難いなって思います 

    91才のおばあちゃんの笑顔が少しでも長く続きますように 

    おばあちゃんの健康法は外にでないことだそうです(笑)

    冬でも風邪を引かずにいれるコツだそうです(笑)

    もうまもなく北海道には秋の風が吹き始めます


    20840744_1637959809655900_7285091459044974574_n.jpg
    91歳 いわさきすみこちゃんうさぎ(*^▽^*)

    IMG_2144.jpg

    熱気球 富良野の町を一望です


    IMG_4084.jpg

    美瑛 四季彩の丘 

    IMG_2137.jpg

    青い池 日によって色が違っているそうです 神秘的な色

    20841710_1636790229772858_1694762781300843247_n.jpg

    四季彩の丘 アルパカ牧場
    下のアルパカさんは毛を剃られています
    100円で餌をあげることが出来ます
    アルパカたちの可愛さに大笑いしながら楽しませてもらいました


    IMG_3956.jpg

    IMG_3440.jpg

    ファーム冨田さんの歴史を初めて知りました

    IMG_4149.jpg

    ラベンダーが綺麗な季節 このラベンダー畑が守られた訳を初めてしりました
    いかれた方は、2階に上がって読んでみてくださいね

    IMG_4129.jpg

    銀の鐘 カップ付きのコーヒーでした

    IMG_4159.jpg

    窓から、綺麗な夕日が さようなら北海道

    img_0.jpg

    小樽の義母の家に行った後、富良野に行きました

    田中邦衛さん演ずる北の国からの黒板五郎さんの石の家に再び行ってきました


    かなり前のドラマですが一番好きです 

    尊敬する人はと聞かれたら
    「お釈迦様とダライ・ラマ14世と黒板五郎さん」
    と答えるかも(笑)


    幼かった純君も蛍ちゃんもドラマと共に成長し大人になっていきました

    こういうドラマを長年に渡り作った倉本聰さんはすごい

    f0162768_2494315.jpg

    229-300x229.jpg


    北の国から 最終回 【遺言】 

    ドラマの中で、黒板五郎さんが書いた遺言

    色々なことを考え感じる今年のお盆

    ふと思った 

    黒板五郎さんのかいた遺言
    遺言

    純、蛍、俺にはおまえらに残してやるものはなんもない。
    でも、おまえらには上手く言えんが、残すべきものはもう残した気がする。
    金や品物はなんも残せんが、残すべきものは伝えた気がする。
    正吉や結ちゃんにはおまえらから伝えてくれ。

    俺が死んだ後の麓郷はどんなか。きっとなんにも変わらんのだろうな。
    いつもの様に、春、雪が解け、夏、花が咲いて、畑に人が出て
    いつもの様に白井の親方が夜遅くまでトラクターを動かし、
    いつもの様にでめんさんが働く。
    きっと以前と同じなんだろう。

    オオハンゴンソウの黄色の向こうに、ゆっこおばさんやすみえちゃんの家があって
    もしもおまえらがその周辺に拾ってきた家を建ててくれると嬉しい。
    拾ってきた街が本当にできる。
    アスファルトの屑を敷き詰めた広場で快や孫たちが遊んでたら嬉しい。

    金なんか望むな。幸せだけを見ろ。
    ここには何もないが自然だけはある。
    自然はお前らを死なない程度には十分毎年食わしてくれる。
    自然から頂戴しろ。
    そして謙虚に、つつましく生きろ。

    それが父さんのおまえらへの遺言だ。


    「自然」を「縁」に置きかえてみる 

    もしかしたら私から長男夫婦、次男夫婦、娘に遺したいもの

    長男一家、次男夫婦、娘に遺せるもの それは「縁」 

    今年は、小樽の91才の義母のところに長男家族、次男夫婦、娘
    おばあちゃんのところにみんな順番に行ってくれます ありがとうね

    おばあちゃんの笑顔が増えます 

    嬉しいことだねって義母と話す

    義母の笑顔が続きますように

    IMG_4079.jpg

    IMG_3617.jpg


    IMG_3546.jpg

    IMG_3542.jpg

    IMG_3541.jpg

    IMG_3539.jpg





    IMG_3388-COLLAGE.jpg

    北海道小樽市に住む義母、91才のお誕生日を迎えました

    小樽駅の近くに住んでいます

    小樽の「館(やかた)」という昔からあるケーキ屋さんで
    「91歳です」と言うと
    大きいロウソク9本、小さいロウソク1本 入れてくれました

     
    91歳!!おめでとう!!

    RQKP6203.jpg

    IMG_4127.jpg
    小樽運河 北一硝子 北一ホール

    18238463_1059937470807462_7720065177648496173_o.jpg

    よりみち亭 

    桂枝曾丸さん 6月28日(水) 14時~15時20分

    和歌山市 ぶらくり丁 インターラーケン

    1800円 ドリンク付です


    桂枝曾丸さんの落語、楽しいですよ~(*^▽^*)

    娘 ふきこがゲストとして呼んでいただき、
    絵本ライブさせてもらいます

    私も参加します 


    予約 問い合わせ インターラーケン 073-433-1233

    img305.jpg