心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    スクリーンショット (1726)

    ココをクリックしてね 大きくなります 

    新しい 「み・ち mi・chi 26号」 が発売されました 
    1冊 500円
    (税込)
    消費税 UPしましたが価格はそのままでいかれるそうです




    私は25号で書くのを終わらせていただきましたが、これからも変わらず季刊誌みちをよろしくお願いします 





    み・ち ここをクリックしてね
    一部、読むことが出来ます  

    2017年 第26号

    子どもとストレス 小林昌久
    聖ジェイムス教会にて:窪田 昭男
    地蔵っ子の四方山話
    記憶に残る好試合
     ~岬ラグビースポーツ少年団~:田中 孝之
    読書会のご案内
    心の大掃除ですっきりしたい!:藤浪 明覚
    石原 七郎の箸やすめ
    いわさき ふきこ
    和歌山のおばちゃんは仕舞い上手:坂口 健太郎
    心のSOSサポートネット「ひとりぼっちじゃない」
    平井謙次語録「不生不滅なるが真我なり」
    記憶に残る言の葉:粉川 雅守
    里親支援センター「なでしこ」
    ラジオ心のやまいを知ろう
    豊岡だより:有難
    おてらおやつクラブに参加します。
    名前の不思議「字義について」:裕 成
    和歌山いのちの電話協会
    書籍「自己を生かす道」
    自己を生かす道:平井 謙次

    ※年4回発行(季刊誌) 定価500円(税込)



     


    発行 編集人:粉川雅守 発行所:有限会社オフィス・コカワ

    「こころ穏やかな毎日を送るために、『寺子屋のような本』をこの和歌山の地で作りたい そして 発信したい」
    「一つとして同じ歩みなどない人の道 この『み・ち』があなたの日々の生活(みち)のお役立ちになればとても幸いです」これは、どちらも「み・ち」 編集長 粉川雅守さんの言葉です。
    2010年10月誕生の「み・ち」 

    粉川雅守ご夫妻の夢であった「み・ち」も26号目になりました

    真摯に生きておられるお二人。夢を実現させたいという思いを聞いて、書かせていただくことになりました。
    粉川ご夫妻の夢である和歌山発信の「み・ち」が、多くの方々の心に届きますように


    み・ち バックナンバーのみちがご入用の方は こちらから在庫を見ることができます
    ココをクリックしてね ↑

    年間購読は、オフィスコカワ 073-476-5784 へ
    他府県の方は ホームページからも 申し込みできます



    取り扱い店 
    宮脇書店 和歌山店 
     
    TSUTAYA WAY オークワ本社店
    TSUTAYA WAY ガーデンパーク和歌山店
    TSUTAYA WAY 和歌山高松店
    TSUTAYA WAY 海南店
    アラオ 岩出店
    アラオ 打田店
    帯伊書店
    松木書店
    赤善書店
    ブックインきぬや
    和歌山県立医科大学生協書籍コーナーでもお取り扱いしております
    スポンサーサイト

    スクリーンショット (1572)
    ココをクリックしてね 大きくなります 

    新しい 「み・ち mi・chi 25号」 が発売されました 
    1冊 500円
    (税込)
    消費税 UPしましたが価格はそのままでいかれるそうです


    今回は「最終章  97才のおじいちゃんも昔は赤ちゃん」というタイトルで書きました



    最後のご挨拶

    みちを初めて書いたのは2011年夏号でした。
    今はもう2016年の終わり。
    もう5年以上になりました。
    第4号からスタートでしたので今回が25号。
    振り返れば21回、原稿を書いてきました。

    和歌山市の正教寺様でオフィスコカワの粉川雅守様に会い、その帰りに
    「季刊誌みちに原稿を書いてもらえませんか?」
    と仰ってくれたのが始まりでした。


    長い間、拙い文を読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
    年間購読もしてくださった方々、ありがとうございました。
       
    25号をもって卒業させていただこうと思います。
    みちを通して多くの方々との出会いもいただきました。

    いつもいつも変わりなく優しくしてくださったオフィスコカワの粉川雅守、ゆみ子様ご夫妻に心から感謝しています。





    これからも変わらず季刊誌みちをよろしくお願いします 

    「生き辛さ」を一週間で少し楽にする というタイトルで 
    藤浪明覚(ふじなみ みょうかく)様が書いています

    「最期の我がまま」というタイトルで和歌山で在宅の看取りをされている医師 坂口 健太郎先生も書いています

    「殻、やぶらないで」というタイトルで娘いわさき ふきこも書いています



    み・ち ここをクリックしてね
    一部、読むことが出来ます  

    今回は岩崎順子の97才のおじいちゃんも昔は赤ちゃんを読んでいただけます

    他府県の方も 年間購読のかたが増えました ありがとうございます

    2016年 第25号
    ●最終章  97才のおじいちゃんも昔は赤ちゃん 4 岩崎順子
    ●幸せの条件:窪田 昭男
    ●地蔵っ子の「四方山話」
    ●心のSOSサポートネット「ひとりぼっちじゃない」
    ●世界をめざして
    ~岬ラグビースポーツ少年団~:田中 孝之
    ●和歌山いのちの電話協会
    ●「生き辛さ」を一週間で少し楽にする。:藤浪 明覚
    ●ラジオ心のやまいを知ろう
    ●石原 七郎の箸やすめ
    ●殻、やぶらないで。:いわさき ふきこ
    ●最期の我がまま:坂口 健太郎
    ●読書会のご案内
    ●名前の不思議「字義について」:裕 成
    ●子どもの便秘:小林 昌和
    ●里親支援センター「なでしこ」
    ●平井謙次語録「生かされて生かされているのです」
    ●豊岡だより:有難
    ●同じ縁に触れても、なぜ百人百様の結果を出すのか:平井 謙次

    ※年4回発行(季刊誌) 定価500円(税込)


     


    発行 編集人:粉川雅守 発行所:有限会社オフィス・コカワ

    「こころ穏やかな毎日を送るために、『寺子屋のような本』をこの和歌山の地で作りたい そして 発信したい」
    「一つとして同じ歩みなどない人の道 この『み・ち』があなたの日々の生活(みち)のお役立ちになればとても幸いです」これは、どちらも「み・ち」 編集長 粉川雅守さんの言葉です。
    2010年10月誕生の「み・ち」 

    粉川雅守ご夫妻の夢であった「み・ち」も22号目になりました

    真摯に生きておられるお二人。夢を実現させたいという思いを聞いて、書かせていただくことになりました。
    粉川ご夫妻の夢である和歌山発信の「み・ち」が、多くの方々の心に届きますように


    み・ち バックナンバーのみちがご入用の方は こちらから在庫を見ることができます
    ココをクリックしてね ↑

    年間購読は、オフィスコカワ 073-476-5784 へ
    他府県の方は ホームページからも 申し込みできます



    取り扱い店 
    宮脇書店 和歌山店 

    WAY 和歌山ミオ店(JR 和歌山駅4階) 
    TSUTAYA WAY オークワ本社店
    TSUTAYA WAY ガーデンパーク和歌山店
    TSUTAYA WAY 和歌山高松店
    TSUTAYA WAY 岩出店
    TSUTAYA WAY 海南店

    アラオ 岩出店
    アラオ 打田店
    帯伊書店
    松木書店
    赤善書店
    ブックインきぬや
    和歌山県立医科大学生協書籍コーナーでもお取り扱いしております

    FC2blog テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

    24.jpg


    ココをクリックしてね 大きくなります 

    新しい 「み・ち mi・chi 24号」 が発売されました 
    1冊 500円
    (税込)

    消費税 UPしましたが価格はそのままでいかれるそうです


    今回は「続 97才のおじいちゃんも昔は赤ちゃん 3  」というタイトルで書きました






    「内観法を働くあなたの日常に活かす」」というタイトルで 藤浪明覚(ふじなみ みょうかく)様が書いています


     
    み・ち ここをクリックしてね
    一部、読むことが出来ます  

    他府県の方も 年間購読のかたが増えました ありがとうございます

    2016年 第24号
    ●平和を願う象たち 田中孝之
    和歌山いのちの電話協会
    ●誰がために鐘は鳴る:窪田 昭男
    ●6泊7日 目から鱗が落ちる、
     すっきり爽快の旅♪:藤浪 明覚
    ●ラジオ心のやまいを知ろう
    ●石原 七郎の箸やすめ
    ●97才のおじいちゃんも
     昔は赤ちゃん(No.3):岩崎 順子
    ●第2回地域ふれあい教室のご案内
    ●野狐禅:坂口 健太郎
    ●地蔵っ子の「四方山話」
    ●読書会のご案内
    ●名前の不思議「天と地」:裕 成
    ●夏期の食中毒(細菌性食中毒):小林 昌和
    ●平井謙次語録「冤罪は現実罪より意味深い」 
    ●豊岡だより:有難
    ●鳴りやまぬ鐘の音:平井 謙次
    ●第6回いのちたいせつキャンペーンのご案内

    ※年4回発行(季刊誌) 定価500円(税込)



     


    発行 編集人:粉川雅守 発行所:有限会社オフィス・コカワ

    「こころ穏やかな毎日を送るために、『寺子屋のような本』をこの和歌山の地で作りたい そして 発信したい」
    「一つとして同じ歩みなどない人の道 この『み・ち』があなたの日々の生活(みち)のお役立ちになればとても幸いです」これは、どちらも「み・ち」 編集長 粉川雅守さんの言葉です。
    2010年10月誕生の「み・ち」 

    粉川雅守ご夫妻の夢であった「み・ち」も22号目になりました

    真摯に生きておられるお二人。夢を実現させたいという思いを聞いて、書かせていただくことになりました。
    粉川ご夫妻の夢である和歌山発信の「み・ち」が、多くの方々の心に届きますように


    み・ち バックナンバーのみちがご入用の方は こちらから在庫を見ることができます
    ココをクリックしてね ↑

    年間購読は、オフィスコカワ 073-476-5784 へ
    他府県の方は ホームページからも 申し込みできます



    取り扱い店 
    宮脇書店 和歌山店 

    WAY 和歌山ミオ店(JR 和歌山駅4階) 
    TSUTAYA WAY オークワ本社店
    TSUTAYA WAY ガーデンパーク和歌山店
    TSUTAYA WAY 和歌山高松店
    TSUTAYA WAY 岩出店
    TSUTAYA WAY 海南店

    アラオ 岩出店
    アラオ 打田店
    帯井書店
    松木書店
    赤善書店
    ブックインきぬや
    和歌山県立医科大学生協書籍コーナーでもお取り扱いしております

    FC2blog テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

    スクリーンショット (1298)

    ココをクリックしてね 大きくなります 

    新しい 「み・ち mi・chi 23号」 が発売されました 
    1冊 500円
    (税込)

    消費税 UPしましたが価格はそのままでいかれるそうです


    今回は「続 97才のおじいちゃんも昔は赤ちゃん 」というタイトルで書きました






    「トレーニング」」というタイトルで 藤浪明覚(ふじなみ みょうかく)様が
     
    娘 岩崎蕗子(いわさき ふきこ)も「おちゃわん」というタイトルで書いています


     
    み・ち ここをクリックしてね
    一部、読むことが出来ます 
    今回は続 97才のおじいちゃんも昔は赤ちゃんを読んでいただけます 

    他府県の方も 年間購読のかたが増えました ありがとうございます

    2016年 第23号

    続 97才のおじいちゃんも昔は赤ちゃん 岩崎順子

    ひとりぼっちじゃない:心のSOSサポートネット

    おちゃわん:いわさき ふきこ

    里親支援センター「なでしこ」

    あるいのちの物語 ~まなと君のこと~:窪田昭男

    仏教を身近に楽しむことと幸せの種を探す

    トレーニング:藤浪明覚

    石原七郎の箸やすめ

    甦るカナリヤ:田中孝之

    和歌山いのちの電話協会

    「それって、安楽死?」:坂口健太郎

    先天色覚異常:小林昌和

    平井謙次語録「あたりまえ」

    豊岡だより:有難

    名前の不思議「天と地」:裕成

    「あたりまえ」:平井謙次

    小さな恋の物語 ~ しおんちゃんのこと~ 窪田昭男

    和歌山いのちの電話協会

    石原七郎の箸やすめ



    ※年4回発行(季刊誌) 定価500円(税込)



     


    発行 編集人:粉川雅守 発行所:有限会社オフィス・コカワ

    「こころ穏やかな毎日を送るために、『寺子屋のような本』をこの和歌山の地で作りたい そして 発信したい」
    「一つとして同じ歩みなどない人の道 この『み・ち』があなたの日々の生活(みち)のお役立ちになればとても幸いです」これは、どちらも「み・ち」 編集長 粉川雅守さんの言葉です。
    2010年10月誕生の「み・ち」 

    粉川雅守ご夫妻の夢であった「み・ち」も22号目になりました

    真摯に生きておられるお二人。夢を実現させたいという思いを聞いて、書かせていただくことになりました。
    粉川ご夫妻の夢である和歌山発信の「み・ち」が、多くの方々の心に届きますように


    み・ち バックナンバーのみちがご入用の方は こちらから在庫を見ることができます
    ココをクリックしてね ↑

    年間購読は、オフィスコカワ 073-476-5784 へ
    他府県の方は ホームページからも 申し込みできます



    取り扱い店 
    宮脇書店 和歌山店 

    WAY 和歌山ミオ店(JR 和歌山駅4階) 
    TSUTAYA WAY オークワ本社店
    TSUTAYA WAY ガーデンパーク和歌山店
    TSUTAYA WAY 和歌山高松店
    TSUTAYA WAY 岩出店
    TSUTAYA WAY 海南店

    アラオ 岩出店
    アラオ 打田店
    帯井書店
    松木書店
    赤善書店

    FC2blog テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

    スクリーンショット (1082)

    ココをクリックしてね 大きくなります 

    新しい 「み・ち mi・chi 22号」 が発売されました 
    1冊 500円
    (税込)

    消費税 UPしましたが価格はそのままでいかれるそうです


    今回は「97才のおじいちゃんも昔は赤ちゃん 」というタイトルで書きました






    「 心のシンポジウム ~いのちをつなぐ~ ガンが病気じゃなくなったとき その20年後」というタイトルで 藤浪明覚(ふじなみ みょうかく)様 娘 岩崎蕗子(いわさき ふきこ)も書いています


     
    み・ち ここをクリックしてね
    一部、読むことが出来ます 


    他府県の方も 年間購読のかたが増えました ありがとうございます

    2016年 第22号

    小さな恋の物語 ~ しおんちゃんのこと~ 窪田昭男

    和歌山いのちの電話協会

    石原七郎の箸やすめ

    第25回心のシンポジウム いのちをつなぐ
    ~「ガンが病気じゃなくなったとき」その20年後~
     ・ご報告とお礼 藤浪明覚
     ・レポート いわさき ふきこ

    初恋の断章:田中孝之

    死の壁をスルーする法:坂口健太郎

    心のSOSサポートネット

    熱傷(やけど):小林昌和

    里親支援センター「なでしこ」

    平井謙次語録「ちょうど良い」

    97才のおじいちゃんも昔は赤ちゃん:岩崎順子

    豊岡だより:有難

    名前の不思議「名前の陰陽」:裕成

    「ちょうど良い」ということ:平井謙次

    ※年4回発行(季刊誌) 定価500円(税込)



     


    発行 編集人:粉川雅守 発行所:有限会社オフィス・コカワ

    「こころ穏やかな毎日を送るために、『寺子屋のような本』をこの和歌山の地で作りたい そして 発信したい」
    「一つとして同じ歩みなどない人の道 この『み・ち』があなたの日々の生活(みち)のお役立ちになればとても幸いです」これは、どちらも「み・ち」 編集長 粉川雅守さんの言葉です。
    2010年10月誕生の「み・ち」 

    粉川雅守ご夫妻の夢であった「み・ち」も22号目になりました

    真摯に生きておられるお二人。夢を実現させたいという思いを聞いて、書かせていただくことになりました。
    粉川ご夫妻の夢である和歌山発信の「み・ち」が、多くの方々の心に届きますように


    み・ち バックナンバーのみちがご入用の方は こちらから在庫を見ることができます
    ココをクリックしてね ↑

    年間購読は、オフィスコカワ 073-476-5784 へ
    他府県の方は ホームページからも 申し込みできます



    取り扱い店 
    宮脇書店 和歌山店 

    WAY 和歌山ミオ店(JR 和歌山駅4階) 
    TSUTAYA WAY オークワ本社店
    TSUTAYA WAY ガーデンパーク和歌山店
    TSUTAYA WAY 和歌山高松店
    TSUTAYA WAY 岩出店
    TSUTAYA WAY 海南店

    アラオ 岩出店
    アラオ 打田店
    帯井書店
    松木書店
    赤善書店