FC2ブログ
    心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね 時空を超えて              
    42199166_1835381353246410_8856061928280162304_n.jpg

    イオンシネマでの上映&トークショー 

    四万十いのちの仕舞い

    ◆イオンシネマ近江八幡(滋賀県)
    ・9/28(金)溝渕雅幸監督
    ・9/30(日)細井順医師(いのちがいちばん輝く日出演)
    ・10/4(木)溝渕監督・細井順医師

    ◆イオンシネマ津(三重県)
    ・9/29(土)溝渕監督・亀山若手僧侶の会 sanga
    ・9/30(日)亀山若手僧侶の会 sanga・洲上雅子さん(グリーフケア雅漣代表)

    ◆イオンシネマ福岡(福岡県)
    ・9/30(日)溝渕雅幸監督
    ・10/1(月)溝渕雅幸監督

    サードラン 
    更に全国に広がります
    9月30日、10月4日は、第一作目 映画「いのちがいちばん輝く日」のホスピスがある近江八幡で、映画に出演された細井順ドクターがトークをされます
    スポンサーサイト


    四万十 いのちの仕舞い お礼

    四万十 いのちの仕舞い お礼 イオンシネマ和歌山での上映が終わりました チラシを配ってくれたり、ポスターを貼ってくれたり、会で予告編を流してくださったり、新聞紙面に載せてくださったり、それぞれの形でのご協力をしてくださった方、各新聞社 テレビ和歌山 和歌山放送の皆様本当にありがとうございました

    和歌山で上映するとことが決まったとき、どうやってみなさんにお伝えしていいのかわからず、自分の無力さを目の当たりにしました

    前作の映画「いのちがいちばん輝く日」から一緒にトークショーをさせてもらってきました

    無償でもお手伝いしたい、動きたくなる映画や監督、スタッフさん達なのだとしみじみ思います

    でも私は人に何かを勧めるのがすごく苦手なのです💦

    ごく親しい人にだけお願いをして行動力のない自分を目の当たりにしていたころ、ありがたいことに、その姿を見て周りの方々がそれぞれの形で手伝ってくれました

    「チラシ配るからね」「知り合いのお店に置いてもらったよ」「ポスターを貼ります」「駅においてもらうから」「色々な会で配るから」「会社に置くから」と色々な方が動き始めてくれました

    「うちでする講演会で、講演の前に予告編を流したらいい そして順ちゃんが映画のことをみんなに紹介したらいい」と仰ってくれる方まで 
    有り難すぎて泣きそうになりました

    全国でのロードショーが始まって最も忙しい中溝渕雅幸監督とプロデューサー藤原福次さんはその会のかたに御礼に言いに和歌山まで来るという流れにも

    みんなが動いてくれたのは、損か得かやお金ではないものでした

    誰かが動いて、また次の人が動いてくれました

    トークショー24日は和歌山で在宅の看取りをされている紀の川市の坂口内科 院長 坂口健太郎先生が無償で出演してくれました

    初日6月23日人がきてくださるのだろうかと、とても心配でしたが、イオンシネマ和歌山に沢山の方々がお越しくださいました 

    24日は満席近くお越しくださいました

    イオンシネマ和歌山総支配人 平野茂樹様がとても尽力してくださいました

    最終日に総支配人にお礼のメールを送らせていただくと
    「こんなにも、一つの作品を”応援する方”が、いらっしゃる中での興行は、はじめての経験でございました。」という嬉しいお言葉を平野茂樹様よりいただきました

    四万十に特別な思いがある方が23日には奥様が24日にはご夫妻できてくれたことも胸がいっぱいになりました

    損か得か、お金で動くのではなく人を通してみんなが繋がっていく映画 

    お一人おひとりに御礼を言わなくてはいけないところ失礼します

    四万十 いのちの仕舞いはこれからも、様々な方々のお心を乗せて全国に更に広がっていきます

    お礼を込めて

    (みなさんからいただいた写真です 映っていない方々ごめんなさい)

    36042805_1173801579428908_6448246761847783424_n (1)

    36565409_1645473845552923_6900414012463251456_n.jpg

    35972219_391016688052365_3427110076568043520_n.jpg

    35883654_1700488626695831_7749596396264620032_n.jpg

    36659165_2012563218862222_6170882610005278720_n.jpg

    35924610_1173802256095507_5139990622450483200_n.jpg

    35882652_2162547027310987_5551607042419982336_n.jpg





    36002497_1175050155970717_7827866093560528896_n.jpg

    35265257_2162546973977659_1445156534035152896_n.jpg

    35162066_1175049945970738_5749103288096129024_n.jpg

    35026792_1175050195970713_4198641964213600256_n.jpg

    35114811_1646489825448907_3666394833615847424_n.jpg

    33814871_1768687456579591_8651294582144761856_n.jpg

    36256574_1552339131558656_6476841086441488384_n.jpg

    36200344_1997349877050223_2215602572343902208_n.jpg

    36027522_2079494322374583_7298005929692233728_n.jpg



    明日5日(木)がラストになります
    「四万十 いのちの仕舞い」
    好評につき期間延長となりましたが、ついに明日5日がラストです 

    イオンシネマ和歌山  12時10分 19時20分



    今日2日(月)も溝渕雅幸監督 舞台挨拶決定‼️🎉

    (イオンシネマ和歌山さんのページより)
    大ヒット記念といたしまして、トークショーつき上映を急遽、追加開催いたします。
    この機会に、是非劇場にお越し下さいませ7/2(月) ひる12:10の回 


    36474743_2007078626077348_5112913628198076416_n.jpg

    ・7/2(月)12:10/19:20
    ・7/3(火)12:10/19:20
    ・7/4(水)12:10/19:20
    ・7/5(木)12:10/19:20

    ◆問い合わせはイオンシネマ和歌山さんへ
    (TEL:073-456-5055)


    本日も1700円が1100円です😍
    あと4日間になりました 

    後で「観たかったけれど終わったんだ~💦」
    と言うよりはイオンシネマ和歌山へ🏃🏃🏃🏃🏃

    1日(日)お越しくださった方々ありがとうございました
    終わってからロビー和やかな雰囲気でした🐼

    情報を毎日更新してくださるイオンシネマ和歌山さん

    ありがとうございます

    36275974_392625877891446_3518783061124710400_n.jpg
    イオンシネマ和歌山の入り口に四万十 いのちの仕舞いの看板を置いてくれました
    こまめに更新してくださいました

    36433949_2007078629410681_6714279952444817408_n.jpg
    溝渕雅幸監督  総支配人 平野茂樹様 


    36464793_455390151589832_870532258207891456_n.jpg

    36502002_2007046839413860_3658972047796600832_n.jpg
    今回大活躍してくださった イオンシネマ和歌山 総支配人 平野茂樹様 
    お願いして一緒に撮ってもらいました(^^♪

    36519954_483296102105056_3436429322376708096_n.jpg
    監督との舞台挨拶

    36483922_1023513051145626_8607008474276036608_n.jpg

    36370352_2002385369880007_7898261505190133760_n.jpg

    2日も1100円ですよ


    生まれたら死ぬ単純なことながら  

    しあわせと思えたら、それがしあわせ どちらも小笠原望先生の言葉です

    人と人を繋いでいく映画 和歌山での上映中にもいろいろな方々のドラマがありました

    決して死は悲しみだけではなく、今 生きることを感じ、いのちを繋いでいく 

    そういう気がします

    27657282_1829347593850453_3270706735640406174_n.jpg

    31670802_1927929450658933_39078309698469888_n.jpg

    28617260_2055692048036386_135851300031285099_o.jpg


    私の著書【ガンが病気じゃなくなったとき】 の出版社 青海社(せいかいしゃ)の社長 工藤良治さん、久美子さん夫妻が新宿ケイズシネマに【四万十 いのちの仕舞い】を観にきてくれ、緩和ケアプラスに丁寧に書いてくれました

    素敵な文章だったのでUPさせていただきます

    工藤良治さん、久美子さんに久しぶりにお会いできて本当に良かったです

    本を通して出会えたハートの温かい信頼のできる素敵なご夫妻です 



    緩和ケアプラス

     昨年の『緩和ケア』9月号(27巻5号)のBook Selectionで『診療所の窓辺から―いのちを抱きしめる、四万十川のほとりにて』(小笠原望著、ナカニシヤ出版)を紹介した。

    帯には、柏木哲夫先生が「小笠原医師が抱きしめた患者さんのいのちの記録。

    ちりばめられた川柳がこころを打つ」の言葉を寄せられている。

    それから半年して小笠原望医師のドキュメンタリー映画を観ることになろうとは想像もしなかった。

    ドキュメンタリー映画 『四万十・いのちの仕舞』(溝渕雅幸監)では四万十の在宅の人たち、施設の人たちの日常の「生」がたんたんと撮られていく。

    病気になった身内を気遣う家族、患者さんと長い付き合いの小笠原医師、その光景をつつんで四万十の田畑、山、川の春・夏・秋・冬が通り過ぎていく。映画に出てくる日常の「生」と「活」をえがいているが、もしかして作為のない“超日常”のように思えた。

    映画で特に惹かれたのは、時折入るナレーションが現場の迫真性を伴っているところだ。プロのナレータではなさそうだということだ。

    「もしかして声は小笠原医師?」と一緒に行った人に小さい声で尋ねた。

     
    映画が終わり、溝渕監督と岩崎順子さんとのミニトークショーがあった。

    岩崎さんは、著書『ガンが病気じゃなくなったとき』で夫の在宅での看取りを経験している。溝渕監督は、看取りは最後の場面ではなく、日ごろから始まっていると感じるそうである。岩崎さんは、夫の死から家族に目に見えない宝物をいただいたと、その経験を話された。

     
    映画のモチーフになり、『四万十のゲリラ医者走る! いのちの仕舞』(小笠原望著、春陽堂)の表紙になっている四万十川に架かる赤い鉄橋。左右両端のどちらが生か死か定かでないが、中を流れる四万十は生だろうなと思った。

    [2018/03/11 00:00] | 〇四万十~いのちの仕舞い~
    |
    四万十 いのちの仕舞い

    新宿のケイズシネマで監督とトークショーをしました


    5日 宮沢宏さんが来てくれました 
    宮沢宏さんとは、カンボジアでスナーダイ・クマエ孤児院をしているメアス博子ちゃんを通して出会いました
    一度お目にかかれたらと思っていたら、映画四万十、いのちの仕舞で出会うことができました

    宮沢宏さんがFBページに書いてくれました


    今日は『四万十~いのちの仕舞い~』上映&岩崎順子さん・溝渕雅幸監督のトークショーに行って来ました。

    これ迄はあまり考えていなかった大切な人や自分自身の命の仕舞いかたについて色々と考えさせられる映画でした。

    上映後にお二人が登壇されて 貴重なお話をナマで聞けた事に感激!

    岩崎さんとは以前からFB友達でしたが今日が初対面という不思議な感じで握手させていただきました。

    順子さんはやっぱり輝いていました!

    28471783_1653854521370946_8443584259993632768_o.jpg
    写真は宮沢宏さんより



    6日は息子さんと一緒に映画を観てくれた東京の太田賢孝さん、お心のこもった文を書いてくれました✨✨😃


    映画「四万十」の上映に合わせて、岩崎順子さんと溝渕雅幸監督のアフタートークがあるというので、新宿に行って来ました。

    映画は高知県、四万十川の岸辺で診療所を営む小笠原先生を追ったドキュメント。診療所での診察とともに在宅医療に取り組むなかで、看取りにも立ち会っている先生です。いのちのあり方、しまい方を考えさせられる作品でした。

    中でも、自分が誤解していたことは“看取る”ということ。息を引き取るその場その瞬間に立ち会うということを言うのだと思っていましたが、生から死へとシフトしていく人生の最期の一時期を共に歩んでいくこと、緩やかに穏やかにその時を送る人の伴走者になるということ、それが“看取る”ということでした。
     
     
    (映画の内容に触れます。)
    ある患者さんの訪問診療を続けていましたが、もういよいよ死が近いという時、先生はご家族に「点滴を外しましょう」と言います。そして家族は一瞬の間を置いて肯きます。

    先生も、本人も、家族も、死の前ではもう誰も無力。抗って死を遠ざけるのではなく、どのように受け入れ迎えるか、そしてその時は今だよと。それを静かに先生は伝えます。ずっと伴走者であった先生は、理屈は言いません。
    背景に写る四万十川、川の流れは遡らないという当たり前の姿も重ねて見えてきます。
     
     
    上映後、岩崎さんと監督の掛け合い。
    岩崎さんの体験談は前に聴かせていただいていましたが、映画を見た後だと、新鮮な気持ちで、初めてお聞きするかのように心ゆすぶられました。
    看取りは、亡くなりゆく人のためだけでなく、命を譲り受けその命と共にこれからも生きていく人のために、大切な何かになるのだと思います。
     
     
    現実的には、お寺には亡くなられた後にお知らせがあることがほとんどで、「そろそろ亡くなりそうです」というような事前にお知らせがあることは稀です。
    以前、法衣で病院に行って嫌な思いをしたこともあって、そういうお知らせを受けても「いま、残された時間を大切に」というようなことしか言えなくなっていました。
    でも、今回は、僧侶としてそこに関わることの大切さ思い出させられました。

    ひと言「私に何かできる事がありますか?お見舞いに伺っても構わないですか?」と訊ねることから始めていこうと思い始めています。

    28951567_1804827852890224_6320753087523002572_n.jpg

    28619087_1804827829556893_6704092870816802676_o.jpg

    28516776_1804827806223562_9173603220744695484_o.jpg
    この3枚は、太田賢孝さんよりいただきました

    28277148_339068903247144_7272635812236620132_n.jpg

    28166402_1844606392324573_6040791071167863051_n.jpg

    27541133_1829347713850441_6452420260899753505_n.jpg

    新宿K's cinemaで【四万十 いのちの仕舞い】のトークショーを

    3月5日、6日と連続でさせていただきます
    😀💫🌺🍀🌻

    (下記は四万十 いのちの仕舞い のページより)

    新宿K's cinemaでは3/5(月)、3/6(火)の二日間、

    溝渕監督と岩崎順子さん(「ガンが病気じゃなくなったとき」著者)によるトークショーとサイン会を予定しています。

    この機会にぜひ、劇場へ足をお運びください。

    (映画上映は10時から。トークショーは映画上映後に開催します。)

    ★岩崎 順子(いわさき じゅんこ)さん

    和歌山県生まれ。

    二十数年前末期がんの連れ合いを自宅看取る。

    05年その時の体験を「ガンが病気じゃなくなったとき」(青海社)に記す。

    執筆前から全国各地で講演活動を行っている。

    前作「いのちがいちばん輝く日」でもトークゲストとして多数登壇。