心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    【看護学生さん達の旅立ち】

    3月3日公益社団法人 和歌山病院協会立和歌山看護専門学校の卒業式

    成川守彦校長先生の式辞 学生さん達の送辞、答辞 

    感動の卒業式でした

    学生さん達がハンカチで目を押さえながらそれぞれの道に旅立っていきました 

    多くの事を学び経験した学生さん達

    現場で壁にぶつかることがあっても【何度も起き上がる力】【患者さんに寄り添う心】をしっかり身につけて旅立っていかれたと思います

    おめでとうございます 



    15941013_1376871915764692_6688752793672130864_n (1)
    スポンサーサイト

    赤のヒョウ柄~
    今日は節分 もう後数分で2月4日 新しい年

    自分の身体を大事にしていなかった戒めと楽しく佳き一年でありますように 
    その願いも込めて書かせてもらいました


    1月、チラシ(4月の会)の作成のために演題を決めることに

    「身体からのメッセージ」感じてみませんか?というタイトルを直感で付けた翌日、足先からお尻まで身体の半分くらいに赤いヒョウ柄のような斑点がぎっしり(@@)

    「なんじゃこりゃ~」

    一晩寝たらすぐ治ると思っているとどんどん広がり身体の半分がヒョウ柄 ダルメシアン柄に(✖✖)

    皮膚科で血液検査までしてくれました 血液検査結果は良好 

    かゆみもなく痛みもなく熱もなくうつる病気ではなく過度の疲労のため自己免疫力低下 

    そのため身体が普段ならはねのけることの出来るはずの何かに反応しているとのこと

    状況を知ってくれた方が「今は仕事以外の予定をキャンセルまたは延期したほうがいい」とアドバイスをくれました

    いつもなら延期せずに治してみせる!と根性で行くのですが今回はその優しいアドバイスが身に沁みたのでした 

    今回仕事以外は全て延期させてもらいましたm(__)mすごく行きたかった楽しい会もすみませんでした

    アドバイスのおかげで無理をしなかったので自宅安静と言われたのも1月末には解除 

    まさに演題通りの「身体からのメッセージ」を聴けってことですね

    いつもなら言わないのですが弱いところもそのままありのままにと思い会の講演の終わりに
    「実はですねー 身体に沢山の赤い斑点がぎっしり出ていましてあまりにも見た目が悪いので黒いタイツで今日は来ました」
    と正直に気持ちをお話しました

    その結果、参加してくれていた方がご自身の本音や気持ちをお話してくれました

    足の赤い斑点は見た人が不愉快になりそうなのでヒョウ柄の写真にしておきます(笑) 

    こんな柄でした(@@)

    mig.jpg


    治るかな・・型が残ってしまうのかな・・と思いきつかった~ 

    おかげさまで跡形が残らず完治しました

    体調を崩している方が多い季節 
    無理をしないで周りにお願いすることで回復がかえって早いです 
     
    気づかせてもらったことは多かったです
    延期していただいた方々、ごめんなさい

    540032_175755602545474_100003331075555_263824_1426180448_n (1)

    だいじょうぶ そばにいるから

    昨年2016年 田辺に仕事で行った帰り【白浜温泉ゆめぐり札】で海舟のお風呂に行ってきました 

    白浜温泉めぐり札は色々なホテルのお風呂に行くことができます 

    海舟、以前泊まった時とても印象が良かったので日帰りのお風呂へ 
    今回も泊りたかった(笑)

    浜千鳥の湯 海舟

    その帰りに白浜プロムナードに寄ってきました

    IMG_0630.jpg

    IMG_0625.jpg

    IMG_0621.jpg

    IMG_0618.jpg


    お昼の白良浜 夜の白良浜(しららはま)の写真です

    IMG_0610.jpg

    和歌山いいところ沢山ありますよ

    コピ・ルアク・コーヒーをいただきました

    IMG_0055.jpg

    (ネットより)
    コピ・ルアク

    ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆
    「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名である。
    日本では、コピー・ルアークやコピ・ルアック、ルアック・コーヒーとの呼称も通用している。
    独特の香りを持つ。産出量が少なく、高価である。