心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね 時空を超えて              
    【カダヤシって、知っていましたか?】私は、初めてきく名前でした

    カダヤシ(蚊絶)こう書くそうです

    和歌山市立伏虎義務教育学校(小中一貫校)1年生から9年生
    (7年生、8年生、9年生、あまり聞きなれないと思いますが)の保護者の方に18日、講演をさせてもらいました

    演題は

    ほっとする人、誰ですか?
    ほっとする場所、どこですか?

    終わってから校長先生のお部屋に行くまでの間に、講演会場にいた方々が次々と話掛けてくださり、嬉しい感想を沢山いただきました

    林校長先生、弓林教頭先生、道本教頭先生はじめ先生方、保護者の方々ありがとうございました

    講演の後、一人の子どもさんが来てくれてこの紙(右上の写真)をくれました😊 

    6年生の子がくれたプリントよかったら読んでみてください

    23659212_1733368330115047_612199366813666602_n.jpg

    今年の5月にクラスでメダカだと思って飼っている魚がカダヤシであるとわかったそうです 

    カダヤシは絶滅危惧種のメダカを食べてしまうため、特定外来生物に指定されているそうです 

    捕まえたり飼育するとなんと懲役1年または100万円の罰金‼️‼️💦

    飼っていたカダヤシを川に戻すことは違法、殺すのも悲しいと児童、先生方が毎日毎日真剣に話し合い考えた末に・・・

    カダヤシを他の生き物(ドンコ)に食べさせることでカダヤシのいのちを他の生物につなごうという選択をしたそうです
     
    自分達が飼っていた魚を他の生き物にたべさせる 

    辛かったと思います 

    でも殺してしまうより、いのちを繋ごうという苦渋の選択をしたそうです

    カダヤシのことを一生懸命調べていると伏虎義務教育学校の近くの川が昔は綺麗だったのに今は汚れていることに気付き、川を綺麗にしようという思いになったそうです

    カダヤシ(蚊絶)は、日本人が蚊を絶やすために輸入しましたが、蚊は絶えることなくメダカの数が減少してしまったそうです 



    23621315_1732472523537961_4420207836034528275_n.jpg

    そのことを林素秀校長先生、福田雄介会長さん、先生から聞きました

    学校内に展示しているからと案内してくれました

    これこそ【まさにいのちの連鎖の授業】 そう思いました

    23561821_1732472460204634_1281049995344147740_n.jpg

    6年1組の子どもたちは、大人になっても忘れないと思います

    カダヤシのいのちの大切さ、そして川を綺麗にしようと思う気持ち

    (先生の許可をいただきUPさせてもらいました)




    メダカだと思って飼っている方もいるのでは、、そっくり!!です
    こちらに違いがあります

    メダカは卵で産みますが、カダヤシは魚で産むそうです

    ドンコもネットで調べてみました 

    http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/…/t…/medakadahikaku.html
    スポンサーサイト

    以前、 講演させていただいた JR西日本あんしん社会財団様主催 

    いのちのセミナー 

    今回は観音寺の佐々木慈瞳さんです 

    23472208_539442486396032_201043664637996726_n.jpg

    23316848_539442489729365_1625883628393306684_n.jpg

    1月12日(金)18時30分~20時 毎日新聞オーバーホール
    テレビで慈瞳さんの御寺の様子を拝見させてもらいました 

    このお写真の通りの柔らかい笑顔の素敵な方です(^O^)

    下記は佐々木慈瞳さんのFBに書いておられるメッセージです

    「大事なお友達の紹介で、こんな機会をいただきました。
    忘れ難い人たちへの畏敬と感謝を込めて、
    いつまでも続くいのちの光を、お伝えしたいと思います。」

    詳しくはコチラ↓↓ 応募締め切りは12月11日です
    http://www.jrw-relief-f.or.jp/seminar/inochi/


    講演の依頼をブログから頂くことがとても増えてきました 
    ありがとうございます 

    たくさんの講演のお問い合わせをありがとうございます

    人から人へ口伝えに、または講演を聴いてくださった方が地元に帰ってご自分の住んでいる都道府県に
    またはネットで検索して等々

    体験を書いた「ガンが病気じゃなくなったとき」の本をきっかけに 北海道から山口県まで 講演に回らせていただいています

    10人未満の会場から、千何百人の会場まで

    ただ出会うと言うのではなく、そこには心と心のつながりがありました 
     
    今も、ずっと 可愛がってくださる方 再び呼んでくださる方

    「あの当時は、病気をしていたけれど、今は元気になったよ。自分で作ったお米 食べて」と言ってくださる方

    当時は、子どもさんとのことで落ち込んでいた親御さんが今はそれを受け入れ笑顔を見せてくれる方

    大切な方をなくされて悲しみの中にあった方がいつかお心が柔らかくなり今度は他の誰かの心に寄り添っていかれる姿

    講演をして、もしお互いにその場限りだったら、出会った方々からこんなにも力をもらっていないかもしれません


    どういうテーマでお話しているのですか?と聞いてくださるので
    参考までに書かせていただきますね 

    すべて、根底にあるテーマは、いのちです 
    堅苦しいお話、難しい話ではなく 聴いていただきながらご自分の内側を見つめていただき それぞれに出来る一歩を踏み出していってくださったら嬉しいです 

    お手数ですが 講演の依頼は私のメールアドレス 

    junkoiwasaki.poku☆gmail.com
    に直接お願いします

    ☆は@(アットマーク)にかえてくださいね

    講演依頼専用アドレスなので それ以外の内容でこのアドレスへのメールは申し訳ありませんが ご遠慮願います


    ➀ 日時 ( 年  月  日    時 ~ 時)

    ② 会の名  

    ③ 会場の場所(住所) 最寄りの駅など

    ④ 主催者のお名前 担当の方の連絡先 電話番号 (当日の緊急の電話番号も)

    ⑤ 実際に講演する時間の長さ(会の時間ではなくて話をさせていただく時間)

    ⑥ 対象の方 (人数 年齢 性別など) 

    ⑦ ご希望の内容 

    ⑧ 会場に到着したらいい時間 

    ⑨ 交通手段 最寄駅 空港など 

    ⑩ 宿泊の有・無 (大変申し訳ないのですが、天気の都合などで列車が遅れることもございます 講演の時間に到着できることは大切です 他府県で日帰りのかなりハードなスケジュールのときは、大変申し訳ないのですが場合によってはお断りさせていただくこともございます 申し訳ありません)

    ⑪ 講演料 (交通費、宿泊費は別)

    ⑫ 当日配布する資料の原稿( 必要 不要) 主催の方に合わせます
    必要なときは、メールに添付させていただきます

    ⑬そのときの内容にもよりますが、ご準備いただくものがあるときがございます
    例)CDプレイヤーなど

    ⑭ プロフィールがご入用なかたは書いておいてください ( 必要 不必要)

    私の最寄りの駅は、JR海南(かいなん)駅になります

    わかる範囲で結構ですので書いていただけると助かります 

    メールをいただくとお返事させていただきます。
    その後は、メールまたは電話での打ち合わせでお願いします(*^▽^*)









    1209235_525404970869359_862570972_n.jpg

    【主な演題です】 
    共通しているのは いのちのこと 心のこと そして体験を交えた堅苦しくない話です




    (著書 ガンが病気じゃなくなったとき 講演の原点になった内容です)

    いのちは受け継がれて

    五感で受け止めるいのち 

    いのちのメッセージ ~父親の身体の上で遊ぶ~

    今 子ども達にいのちを伝える

    子ども達の生きる力と絆

    ガンが病気じゃなくなったとき ~ 患者や家族が求める安心感 ~

    受け継がれるいのち

     





    (紀伊半島大水害と東日本大震災 について現地での話です
    地域のつながり、絆について 現地での写真、6分くらいの動画もみていただきます) 


    当たり前の中にあった大切なもの    ~石巻の女の子からの手紙~

    優しさは悲しみから生まれる ~石巻の避難所の壁に書かれていた言葉~

    わかちあう心 繋がるいのち

    この土地に生きる この地域に生きる ~石巻から那智勝浦へ~







    (小樽のおじいちゃん(義父)が子ども達に見せてくれた姿について 楽しいエピソードも入れながらの話です 認知症の症状の向こう側にあるその人の心をみていくと見方を変えていく話)

    認知症の向こう側にある心 ~ おじいちゃんから孫へ伝えてくれたもの~


     



    (97才のおじいちゃん 滅多にみることのない二人の男の涙

    クイズなども入れながら楽しくお話しするいのちの受け継ぎ

    小学校の子どもさん達や保護者の方にもよくお話させてもらっています

    幅広い世代の方に聴いていただけます) 


    97才のおじいちゃんも昔は赤ちゃん
     





    (ある親子さんのお話です 動画も見ていただきます)
    介護する人 される人 心の橋渡し 
      

    私は病気の〇〇さんではありません






    ほっとする場所 どこですか? ほっとする人 誰ですか?

    少し心をゆるめてみませんか?

    心から心へ いのちからいのちへ 

    あなたの足元を支えてくれている人 もの 縁

    人は人を必要としている

    それでも立ち上がっていく人達

    心のトンネルに入ったからこそ見えてもの

    今日 今 この瞬間に感謝 

    みんなが生まれてきた日には

    ぼくは、ぼくなのに 

    弱くても小さくてもいいよね
    それは人の痛みがわかる大切な生きる力

    一人で抱え込まないでね


    セミナー

    ちょっと心をゆるめてみませんか? 笑う力、泣く力、そして感動 


    (心のトンネル 病気 またそのご家族の気持ち)
    ありのままを認められたとき 


    ほとけさまはあらゆるものに姿を変えて

    心の中のほとけさま

    いつか慈しみの心にかえて

    手放したときにもらえたもの 


    お寺様での講演も多いです



    苦しかった時間は いつか宝の時間に
       ~そして慈しみの心へ~

    ガンが病気じゃなくなったときのその後の話です 
    家族のシンポジウムでも語った内容です


    今どきの若者はって大人は言うけれど


    他のもまだあります
    会の目的や対象の方に応じて内容を合わせますので仰ってください 




    岩崎順子(いわさき じゅんこ) 


    いのち、人権、心、子ども、親子、高齢者、生と死、生きる力、災害について全国で900回以上講演 

    原稿を持たず体験に基づく内容を心に届くありのままの言葉と笑顔で堅苦しくなく講演させていただきます

    病院、医療、看護、介護施設、看護学校、お寺、神社、教会、幼稚園、保育所、小中学校、高校、大学、専門学校、企業職員研修、市民公開講座 等々 少人数から1000人を超える会場まで色々です

    2001年まで有限会社 こどもふくのティンクル 創業110年 株式会社 糸幸呉服店を経営

    自宅でガンのため他界した夫、あることがきっかけで、父親の顔にさわり横に寝転んで最後には子ども達が父親のおなかの上に馬乗りになって遊びました。
    いのちを頭でなく、その時に聴いた声、触れた感触、匂い、見たもの、五感で体験した時間。
    ガンが病気という枠を超えて見せてくれたもの、気づかせてくれたこと。
    生きているのではなく生かされていたことに気づかさせれていく日々。
    その体験を話したことがきっかけで、その後「ガンが病気じゃなくなったとき」を青海社(せいかいしゃ)より出版

    朝日、読売、産経、毎日、地域の新聞、雑誌などで何度も紹介され全国 900ヶ所以上で講演

    『ガンが病気じゃなくなったとき』(青海社 せいかいしゃ)
    季刊誌 『み・ち mi・chi』 連載


    NHKテレビ 「あすのWA」 「ニュース845」で 近畿大学附属中学校での講演が放送

    テレビ和歌山で「ライフスタイルを考える 人権セミナー」の講演 放送

    NHKラジオ「ともに生きる」出演

    ドリームなびテレビ

    和歌山放送「健康相談」 「レッツ有田リアン」「Honda ドリームナビ」などにも出演

    和歌山県海南市在住



    12779136_1074159419369278_283710649068000952_o.jpg
    北海道 旭川厚生看護専門学校の学生さん達に講演


    img_316000_8336564_1.jpg
     島根県 緩和ケアを考える集い  隣は手話通訳のかたです

    高野山シンポジウム

    高野山 シンポジウム

    写真をクリックしていただくと大きくなります 

    順子 東大寺世界平和祈念法要
    奈良東大寺での講演 お坊様に囲んでいただいて

    写真をクリックしていただくと おおきくなります

    10978602_802921689826387_6125871329376923810_n.jpg
    福井県 大本山 永平寺 修行僧の方に講演させていただきました
    修行僧の方々が 涙しながら聴いてくれたこと 法衣の袖でお顔を隠すようにして涙を拭いてくれたこと 一生わすれません 私の中の宝です




    12341414_782487578545701_481183516129099432_n.jpg

    12341150_927446187322313_1985799824687438705_n.jpg

    あるかたが企画してくれて、息子や娘との家族のシンポジウムをしました
    「ガンが病気じゃなくなったとき その後」
    つらかった時間はいつか宝の時間に 




     
    写真をクリックしていただくと おおきくなります

    FC2blog テーマ:その他 - ジャンル:その他

    和歌山市 アトリエオクムラの奥村千恵子さん

    11月12日 80才のお誕生日を迎えられました 

    いつもニコニコされている千恵子さん

    赤がとってもよく似合っておられます
     
    千恵子さんの息子さんは奥村政喜さん

    政喜さんのお嫁さん里佳さんとツーショット写真 まるで母娘のようです

    これからもお元気でね


    23473082_1726660977452449_1782459345873368551_n.jpg

    23434779_1726660980785782_1557095676562324098_n.jpg