心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    8月5日 和歌山県立医科大学附属病院 

    今日は付き添い 終わるまでの間に一人で13階に行く 

    ここから見える景色 晴れた空

     IMG_5351.jpg

    あれから13年時は流れた 

    病院の窓から片男波を見ながら 片男波に元気でいけたら 
    ここから出ることが出来たら 
    そんな日がくることを心から祈った日

    マリーナの花火を見せてあげたくて病院をこっそり抜けて渋滞する道を車で走った夜
    花火が上がるまでにマリーナに到着することができなくて 道沿いに車を停めて遠くの花火を見た日


    その頃は先が全く見えなくて今日が来ることなんて想像できなかった

    夫が他界して5人家族が4人家族になった
    その何年後かに今度は3人家族になってしまうことを覚悟しかけた日々

    こんな辛い日々があるのかと思った

    表情には出さなかったけれど 自分の心が壊れかけていた 

    どんな風にしてあの時期を超えることができたのだろう

    あの頃の気持ちを思うとたいていのことは超えてくることができた 

    あの頃 見るのもつらかった姿の女の子が時々頭を撫でてくれる

    失ったことでもらえたものは大きい

    手放すことでもらえたものは大きい

    和歌山県立医科大学附属病院

    ドクターや看護師さんに 家族のいのちを救ってもらった場所

    生きているだけで人は誰かを幸せにしている

    ここで暮らした日々

    今13階の窓から 同じ海を眺めている





    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ