心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    12月12日 心のシンポジウム主催の藤浪明覚さんがこちらにその日の様子を丁寧にアップしてくれました

    準備から懇親会まで写真もたくさん撮ってくれていてその日の様子がよくわかる文章を書いてくれています
    そのページでは写真も大きくして見ることができます
    ご覧になってくださると嬉しいです

    ココをクリック またはタップしてね 

    第25回心のシンポジウム ご報告


    DSC03219.jpg

     写真はこの企画 主催 聴き手 司会 進行とすべてを務めてくれた藤浪明覚さんです 


    すべて写真は報告のページからいただきました
    報告のページでは写真がとても大きくなります

    藤浪さんご一家とは2001年に出会い信頼関係がありました
    打ち合わせも連絡もすべて心地よい空気の中させて頂くことができました
    いつも爽やかに対応してくれました 
    参加の方がありがたいことに200名を超したので会場の変更、出欠の連絡など随分大変だったと思います
    希望を言ったときもいつも大丈夫ですよと言って対応してくれました



    IMG_0887.jpg

    藤浪明覚さんが書いてくれた文です

    第25回心のシンポジウム盛会に終了することが出来ました。
    参加者は約210人 満席となり、途中で受付をお断りさせて頂く事態になりました。
    たくさんのご参加ありがとうございました。
    ご参加いただけなかった皆さまにはお詫び申し上げます。

    会場ではたくさんのすすりなきと笑い声。
    順子ファミリーのお話は魅力いっぱいでした。
    心の洗濯させていただきました^。

    パネルディスカッションは
    社会人になられた順子さんの子供さんたちに
    お話を伺いました。

    30歳前後であんなに清々しく
    周りの方への感謝を話す様子を見ていて
    精神的な成熟を感じて驚きました。
    家族で懸命に取り組んできた証なんでしょうね。

    「今の辛さはいつか宝になる」

    元気を頂ける言葉でした。

    ご参加くださった皆様。
    準備運営にご協力下さった皆様。
    ご紹介下さった皆様。
    後援、協賛下さった皆様。
    そして岩崎ファミリーの皆様
    ありがとうございました‼︎
    心から感謝申し上げます。

    配布させて頂いた別冊「み・ち」は
    オフィスコカワ様がご提供くださいました。
    城善建設様からは
    是非語り伝えたい人々の真心を描いた
    映画「海難1890」のチケットを
    参加者全員分をご提供くださいました。

    温かいお気持ちを頂きました。

    また岩崎ファミリーの応援に駆け付けて下さった
    ご来賓の皆さま。ありがとうございました。
    ・株式会社和島興産社長 梅田千景様
    ・花グループ代表 木村隆子様
    ・和歌山県病院協会会長・医療法人千徳会 桜ヶ丘病院 理事長 成川守彦先生
    ・日赤和歌山医療センター精神科部長・心のSOSサポートネット 東睦広先生ご夫妻
    ・映画「いのちがいちばん輝く日」監督 溝淵雅幸様
    ・もはらクリニック院長 茂原治先生ご夫妻
    ・城善建設株式会社社長 依岡善明様ご夫妻

    会の中でご紹介させて頂いた方は以上ですが
    他にも社会でご活躍の方が多数、
    応援にお越しくださっていました。

    ありがとうございました。

    お蔭さまで
    和やかで学びの多い1日でした。

    皆様の幸せな日常生活の
    お役に少しでもなれば
    幸いです!

    また、当日の運営などで
    不手際などありましたら
    お詫びいたします。

    ●当日の様子
    講演:岩崎順子さん
    パネラー:岩崎朝蔵さん、岩崎漁次さん、岩崎蕗子さん
    聴き手:藤浪明覚



    IMG_0902-0.jpg


    IMG_0903.jpg

    IMG_0904.jpg


     
    関連記事
    スポンサーサイト