心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    スクリーンショット (1082)

    ココをクリックしてね 大きくなります 

    新しい 「み・ち mi・chi 22号」 が発売されました 
    1冊 500円
    (税込)

    消費税 UPしましたが価格はそのままでいかれるそうです


    今回は「97才のおじいちゃんも昔は赤ちゃん 」というタイトルで書きました






    「 心のシンポジウム ~いのちをつなぐ~ ガンが病気じゃなくなったとき その20年後」というタイトルで 藤浪明覚(ふじなみ みょうかく)様 娘 岩崎蕗子(いわさき ふきこ)も書いています


     
    み・ち ここをクリックしてね
    一部、読むことが出来ます 


    他府県の方も 年間購読のかたが増えました ありがとうございます

    2016年 第22号

    小さな恋の物語 ~ しおんちゃんのこと~ 窪田昭男

    和歌山いのちの電話協会

    石原七郎の箸やすめ

    第25回心のシンポジウム いのちをつなぐ
    ~「ガンが病気じゃなくなったとき」その20年後~
     ・ご報告とお礼 藤浪明覚
     ・レポート いわさき ふきこ

    初恋の断章:田中孝之

    死の壁をスルーする法:坂口健太郎

    心のSOSサポートネット

    熱傷(やけど):小林昌和

    里親支援センター「なでしこ」

    平井謙次語録「ちょうど良い」

    97才のおじいちゃんも昔は赤ちゃん:岩崎順子

    豊岡だより:有難

    名前の不思議「名前の陰陽」:裕成

    「ちょうど良い」ということ:平井謙次

    ※年4回発行(季刊誌) 定価500円(税込)



     


    発行 編集人:粉川雅守 発行所:有限会社オフィス・コカワ

    「こころ穏やかな毎日を送るために、『寺子屋のような本』をこの和歌山の地で作りたい そして 発信したい」
    「一つとして同じ歩みなどない人の道 この『み・ち』があなたの日々の生活(みち)のお役立ちになればとても幸いです」これは、どちらも「み・ち」 編集長 粉川雅守さんの言葉です。
    2010年10月誕生の「み・ち」 

    粉川雅守ご夫妻の夢であった「み・ち」も22号目になりました

    真摯に生きておられるお二人。夢を実現させたいという思いを聞いて、書かせていただくことになりました。
    粉川ご夫妻の夢である和歌山発信の「み・ち」が、多くの方々の心に届きますように


    み・ち バックナンバーのみちがご入用の方は こちらから在庫を見ることができます
    ココをクリックしてね ↑

    年間購読は、オフィスコカワ 073-476-5784 へ
    他府県の方は ホームページからも 申し込みできます



    取り扱い店 
    宮脇書店 和歌山店 

    WAY 和歌山ミオ店(JR 和歌山駅4階) 
    TSUTAYA WAY オークワ本社店
    TSUTAYA WAY ガーデンパーク和歌山店
    TSUTAYA WAY 和歌山高松店
    TSUTAYA WAY 岩出店
    TSUTAYA WAY 海南店

    アラオ 岩出店
    アラオ 打田店
    帯井書店
    松木書店
    赤善書店
    関連記事
    スポンサーサイト