心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    海南市立日方小学校 11月7日(月)2時45分~
    昨年に続き今年も{人権教育講演会}で講演させてもらいました

    5、6年生 保護者のかた 地域の方々です

    日方小学校は出身校 今まで何度も呼んでいただき嬉しいです 
    うちは私の親から3代日方小学校です(笑)

    1302013.jpg


    子ども達からの嬉しい感想文を送ってくれました

    校長先生からの丁寧なお手紙もいただきありがとうございました

    15170885_1311998512252033_7107715206170380323_n (1)

    小学生の子が
    岩崎さんが最後のあたりに
    「お子さんが学校にいくとき顔を見て見送ってあげてください」
    と言っていたのでお母さんも
    「これからちゃんと顔を見るね」
    と言いました
    今日の朝もちゃんと顔を見て見送ってくれました

    と書いてくれていました とっても嬉しかったです ありがとうね


    その後、京都の三宅てる乃先生からこのようなメールをいただきました
    三宅てる乃先生は京都きものファッション協会会長
    私が20代の頃、京都で着物の着付けを教えてくださった先生です
    世界中にきもの文化を伝えておられます
    私にとって大きな影響力があるかたです
    きもの姿が似合う素敵な先生です

    12791089_761097240692853_3198784608557931247_n.jpg




    三宅てる乃先生;「順子先生 当たり前のような事だけど、子供の心に残る言葉を話しておられるのね 何にも変えがたいラブレタ-ですね。」


    岩崎;「 何にも変えがたいラブレタ- 子供の心に残る言葉 先生にそう言ってもらえるとすごーく嬉しいです
    家族が生きてくれていることの有り難さを感じていなくて子どもの顔を見ないでスマホやパソコン、テレビ 画面ばかり見ている親御さんが年々増えているように思います」

    三宅 てる乃先生:「 辛い、悲しい体験をした貴女だからこそ、その言葉に重みがあり、子供の心に響くのですよ 「体験は宝なり」私の座右の銘です。
    いい体験だけが宝でなく、辛く、悲しい体験こそ、大切な大切な宝ものだと思っています 何時までも大切にしてください‼」

    岩崎 順子: 「体験は宝なり」私も座右の銘の一つにさせてもらっていいですか?
    「いい体験だけが宝でなく、辛く、悲しい体験こそ、大切な大切な宝ものだと思っています」というお言葉ありがとうございます
    言葉に出来ないような辛い体験をされた三宅校長先生の言葉に重みと深みがあります
    生まれたときにそれぞれがもらった種 それを咲かすために色々な体験をさせてもらうのだなって思います
    先生 ありがとうございます」
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ