心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    1月17日 阪神淡路大震災から17年
    昨日、ステキな曲を作っておられるアーティスト 山本公成さん(大阪在住)が下記の文を書かれていました 


    1月17日阪神淡路大震災、17年たちました。決してわすれて​はなりません。
    そして私は決して忘れることができません。
    私は大​阪船員保険病院で1月5日に頸椎の手術を受け入院中の大地震でした病室は大きく激しく揺れなにかとんでもな​いことが起こったことはわかりました。
    後で聞いたことですが港区​の埋め立て地の病院は液状化でがたがた、裏のお寺の塔は倒れてい​たそうです。
    大手術を受けた直後のベッドで身動きもできない僕た​ちに、看護婦さんたちはニコニコ大丈夫ですよと平常を保っていま​したが、ただよう都市ガスのにおいドリルの轟音が病院中に響きわ​たっていました。

    ガスの本管が壊れていたそうです。幸い復旧し、​ことなきを得ました。
    手術は成功し、4ヶ月の入院生活と厳しいリ​ハビリ を受けました。
    ベッドの上で何もできない自分に無力感におそわれ​立ち上がることができないほど落ち込んでいました。
    それでも、作​曲を依頼しにきてくれた友や、ニコニコ笑って痛みに耐えている同​室のなかまや様々な人々に勇気づけられ、生かされていることに感​謝し音楽活動を再開することができました。

    昨年の3.11動くこ​とのできる身体があり、ささやかなことしかできないけれど、気仙​沼大島にボランティアで行かせていただきました。
    今、生かされて​いる事に感謝し前むいて一歩でも歩んでゆきたいと思います。


    山本公成さんのcd ​「アースブリーズⅢ」の1曲目 ふるさと を聴かれたことがあり​ますか?
    聴かれていない方は、ぜひ聴いてみてください 
    和歌山市​吹上 護念寺さんでのコンサートのときの ふるさと が収録され​ています 
    私は、どこかに行った帰り道、車の中でよく聴きます 
    ​心がすーーっと広がり、魂に響いてくる曲です 
    この曲ができると​きの話しを 公成さんがしてくださいました 
    ますます、この曲が生まれるべくして生まれたのだと思いました 
    この曲を産み出してくれた 公成さんに感謝です 
     
    http://www.yamamoto-kosei.com/ クリックしてね 山本公成さんのホームページ

    私は、同じ阪神淡路大震災の日、夫のガンが更に進行していることがわかったばかりでした
    揺れを感じて 子ども達を抱きしめながら おおいなるものの中で生きていること 生かされていること
    価値観が大きく揺さぶられ 大きなものが内部で 変化した一日でした 

    それぞれが、それぞれの気​持ちで迎える1月17日 改めて、公成さんの曲 ふるさとを聴いてみました 
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: