FC2ブログ
    心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね 時空を超えて              
    【カダヤシって、知っていましたか?】私は、初めてきく名前でした

    カダヤシ(蚊絶)こう書くそうです

    和歌山市立伏虎義務教育学校(小中一貫校)1年生から9年生
    (7年生、8年生、9年生、あまり聞きなれないと思いますが)の保護者の方に18日、講演をさせてもらいました

    演題は

    ほっとする人、誰ですか?
    ほっとする場所、どこですか?

    終わってから校長先生のお部屋に行くまでの間に、講演会場にいた方々が次々と話掛けてくださり、嬉しい感想を沢山いただきました

    林校長先生、弓林教頭先生、道本教頭先生はじめ先生方、保護者の方々ありがとうございました

    講演の後、一人の子どもさんが来てくれてこの紙(右上の写真)をくれました😊 

    6年生の子がくれたプリントよかったら読んでみてください

    23659212_1733368330115047_612199366813666602_n.jpg

    今年の5月にクラスでメダカだと思って飼っている魚がカダヤシであるとわかったそうです 

    カダヤシは絶滅危惧種のメダカを食べてしまうため、特定外来生物に指定されているそうです 

    捕まえたり飼育するとなんと懲役1年または100万円の罰金‼️‼️💦

    飼っていたカダヤシを川に戻すことは違法、殺すのも悲しいと児童、先生方が毎日毎日真剣に話し合い考えた末に・・・

    カダヤシを他の生き物(ドンコ)に食べさせることでカダヤシのいのちを他の生物につなごうという選択をしたそうです
     
    自分達が飼っていた魚を他の生き物にたべさせる 

    辛かったと思います 

    でも殺してしまうより、いのちを繋ごうという苦渋の選択をしたそうです

    カダヤシのことを一生懸命調べていると伏虎義務教育学校の近くの川が昔は綺麗だったのに今は汚れていることに気付き、川を綺麗にしようという思いになったそうです

    カダヤシ(蚊絶)は、日本人が蚊を絶やすために輸入しましたが、蚊は絶えることなくメダカの数が減少してしまったそうです 



    23621315_1732472523537961_4420207836034528275_n.jpg

    そのことを林素秀校長先生、福田雄介会長さん、先生から聞きました

    学校内に展示しているからと案内してくれました

    これこそ【まさにいのちの連鎖の授業】 そう思いました

    23561821_1732472460204634_1281049995344147740_n.jpg

    6年1組の子どもたちは、大人になっても忘れないと思います

    カダヤシのいのちの大切さ、そして川を綺麗にしようと思う気持ち

    (先生の許可をいただきUPさせてもらいました)




    メダカだと思って飼っている方もいるのでは、、そっくり!!です
    こちらに違いがあります

    メダカは卵で産みますが、カダヤシは魚で産むそうです

    ドンコもネットで調べてみました 

    http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/…/t…/medakadahikaku.html
    関連記事
    スポンサーサイト