心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね 時空を超えて              
    和歌山市第1在宅医療、介護連携推進センター(愛称 地域・結びタイ)様よりお知らせです

    ✨地域 定員達成・受付終了✨

    平成30年6月23日イオンホールで開催予定の「家族の立場からの在宅看取り」ですが、定員100名を上回るお申込みをいただきました。

    できるだけ多くの方に聴いていただけるよう、スタッフ用の椅子や予備の椅子を集め、なんとか115名様のお申込みを受け付けることができました。

    定員に達しましたので、受付終了とさせていただきます。
    当日ご参加される方々はどうぞお気をつけてお越しください。
    2018年6月23日(土)13時30分 ~ 15時30分

    イオンモール3階 イオンホール 地域結びタイ 市民講座 在宅の看取り

    13時 開場

    13時30分 第一部 講演

    14時45分 休憩10分

    14時55分 第二部 トークショー メアス博子さん 岩崎順子

    参加定員 100名(先着順) 

    FAXでの申込み期限 6月16日 (土)

    チラシ 裏面をご覧ください


    主催 和歌山市第1在宅医療、介護連携推進センター(愛称 地域・結びタイ)
    問い合わせ 申し込み 073-488-3430 (平日9時~17時)


    32840705_456000268167973_7175274146832580608_n.jpg

    リビング和歌山様の紙面

    32869081_1740887195992277_1029431685789253632_n (1)

    和歌山新報様の紙面

    メアス博子さんがFBにかいておられた文です

    この夏、和歌山にて市民公開講座でお話をさせていただく機会を頂戴しています。

    いつもはカンボジアのお話をさせてもらうことが多いのですが、今回は在宅でガン患者の家族を看取った体験をお話します。

    お声をかけてくださったのは、
    地域・結びタイ
    和歌山市第1在宅医療・介護連携推進センター・伊藤詠子さんです。
    毎年夏に開催している、スナーダイクマエの子どもたちの絵画展にご来場くださって、わたしが講師をさせていただいたセミナーにも足を運んでくださった熱心な方です。

    今回の講座でご一緒いただくのは、いのちの講演家として各地で講演活動をされていて、わたしと同じ海南市出身の岩崎順子さんです。
    岩崎さんの息子さんがスナーダイクマエへの交流ツアーに参加され、カンボジアに来てくれたのが出会いのきっかけです。
    これまでも講演をご一緒させていただいことがあり、今回で3回目になります。

    わたしの父は4年前に末期のすい臓ガンが見つかり、たった4カ月で逝ってしまいました。
    同居している姉とどのようにケアをしたのか、なにより本人となにを話して先のことを考えたのか。
    海外在住のわたしにできることはなんだったのかをお伝えし、いつ自分の身に降りかかるかもわからないそのときの一助にしていただきたいという思いでこのお話を受けさせていただきました。

    伊藤さん、岩崎さん、関係者の皆様、よろしくお願いいたします。

    先着順で定員100名だそうです。
    詳細は写真をご覧ください。

    この夏は合計4カ所での講演を依頼いただいています。
    うち2カ所はクローズドの講演ですが、もう1つの会場については、追って告知させていただきます。




    6月23日は午前中は イオンシネマ和歌山で 四万十 いのちの仕舞い & トークショー

    この日は、どうか朝からイオンモール和歌山にお越しください


    29196429_1870428336409045_4850578065140482048_o.jpg

    18814049_318357531932248_4606444800106959263_n.jpg


    27657282_1829347593850453_3270706735640406174_n.jpg

    30020030_1589526974457670_678702552_n.jpg



    関連記事
    スポンサーサイト