FC2ブログ
    心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね 時空を超えて              
    27657282_1829347593850453_3270706735640406174_n.jpg

    2018年3月 「東京で四万十 いのちの仕舞い」の上映&トークショーを溝渕雅幸監督と一緒にさせてもらった際に新宿区の大龍寺の太田賢孝さんが10代の息子さんと来てくれました 

    その後、太田賢孝ご住職が11月10日にご自分のお寺で上映をされることになりました 

    その訳を初めて知って、まさにおばあさまからのいのちの受け継ぎだなと思ったのでシェアさせてもらいました

    四万十 いのちの仕舞い上映
    11月10日(土) 14時~ 大龍寺様にて 

    〒162-0053 東京都 新宿区原町2丁目62  03-3203-8394



    太田ご住職の文を読んでみてください 

    *****ここからは太田賢孝ご住職の文です******

    この話は、たぶん昭和20年代だと思います。
    私の祖母は、終戦直後にお寺の住職だった夫を亡くして、7人の子育てをしつつ、空襲で全焼したお寺の復興に精力を傾けていたそうです。
    加えて、地元町会や子供たちの学校でも一仕事を担っていたそうで、ある時は、境内の植木にロープを渡して、そこに白いシーツを張って、近所の子供たちを集めて映画上映をしていたこともあったそうです。

    今の大龍寺は、戦後の大龍寺を牽引していたこの祖母が蒔いてくれた種によって支えられていると感じることもしばしばです。
     
    今回、このようなきちんとした映画を、監督やプロダクションに申し込みをして自主上映会を開催させていただくのは初めてなのですが、実務上わかっていない点も多々あると思いますが、祖母が何を考え、何をしたくて映画会を開催していたのか、思いを馳せながら、この一歩を進めることが今回の私の課題と思っています。

    ★開催に当たり各種提案、準備のご指南、当日のお手伝いなど関わっていただける方は、メッセージお願い致します
    関連記事
    スポンサーサイト