心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    7月2日
    大阪府貝塚市 貝塚コスモスシアターにて
    講演をさせていただきました 

    ピンクリボン大阪 元気プログラム2011  

    貝塚市に住む 知り合いのご夫妻が足を運んでくれました

    岸和田市の友人、海南市の友人も来てくれていました

    ありがとうございます 

    来てくださった方には 七夕の短冊に一言 書いてもらい
    それを舞台の横の笹に飾るということをピンクリボン大阪さんがされていました 

    温かい心配りが感じられる会場でした 



    「痛みは我慢しないもの~緩和ケアを正しく知って笑顔で過ごそう~」
     
    NTT西日本 大阪病院 がん性疼痛看護認定看護師 
        和田 桂子さん


    わかりやすく、痛みについてお話してくださいました 
    痛み それは、誰にとっても辛いことです
    日本人は、辛抱強く我慢してしまうことが多いです
    痛みは、我慢することはないということを
    わかりやすくお話してくださいました 




    「 ガンが病気じゃなくなったとき 」
     ~おなかの上で遊ぶ~

        岩崎 順子


    私の講演は、ほとんど原稿なしで その場に居られる方々のお顔を見ながら、
    表情を感じながら その場に応じて内容を変えながらお話していきます 

    すぐ傍で聞いてくださっていたピンクリボン大阪の冨尾貴美代さんの
    お顔を見ていると、急に感謝の気持ちを送りたくなりました 




    自分に急に 辛いことが起こったとき「なぜ、自分だけが・・」と思います
    そうなったことを すぐに受容れることは難しいです
    しばらくすると 嘆いたり、恨んだりしたい気持ちが湧いてきます
    それは 自然なこと

    大きな出来事が起こったとき、
    「しっかり 泣いてないでがんばって プラスに考えて」
    元気な方からの なにげない言葉はつらいです・・・
    がんばっても がんばっても それでも歩み出せないときだってあります

    無理にがんばって、心が折れてしまうこともあります

    がんばっては、普段はステキな励ましの言葉です
    がんばって という言葉がわるいのではありません

    でも どん底にいるとき 元気な方が掛けてくれる
    何気ない がんばっては、時には心を突き刺すこともあります



    上から目線でのがんばってとは別に
    心に寄り添おうとしてかけてくれる 心からの「がんばって」も
    あるので がんばってがすべて悪いというのでは決してありません

    これがいいとか 悪いとかではなくて 
    その言葉の中ある 気持ちが大切




    受容れられないような事柄が起こった後、人との出会いの中で、
    それぞれの時間をかけて 少しずつ受容れていかれる方もいます

    もちろん、受容れられずに心を閉ざす方も

    どれがいいとか これはだめだではなく それぞれの受け止め方が
    あっていいのではないでしょうか・・・

    心を閉ざした方が いつかそこから出てこられたときには、次に心を
    閉ざした方の気持ちがわかる





    富尾さんは、ご自身の経験を
    次につらい思いをされた方が少しでも、心が和らぐように 
    また、乳ガンの検診を早く受けてもらうことで苦しい思いを
    される方が少しでも少なくなるようにと 日々心を注いでおられます  


    ご自身の体験を 次の力にかえて 色々な方々をサポートしておられます


    何かを続けていくということは、本当にパワーの要ることです 


    その笑顔に至るまでは、どれだけの思いをされてきたのでしょう・・・
    作った笑顔ではなく、ひとつ何か超えた笑顔 
    泣いた日も、悔しかった日も 
    つながりを感じて嬉しかった日も 喜びに満ちた日もあって
    今、ここにおられるのだなと思うと、目頭が熱くなりました 




    終わってから、会場から帰られる方々が、それぞれにお声を掛けてくれました 
    それぞれに とっても明るい笑顔で 
    でも、ご自身の体験されたことをお話してくださるのを
    聞くと、お一人おひとり 大変な経験をされています 

    その日、富尾さんのお母様が、会場に来られていて
    「私は普段 滅多に泣かないのです けれど 今日は 涙が出たよ 」と
    潤んだ瞳で言ってくださった後、両手で私の頬 顔全体を包みこんでくれました 
    自分が幼い子どもに なったような気がしました
    嬉しかった・・・今も書きながら その温かい手を思い出します 

    ピンクリボン大阪さんとは、これからも長いお付き合いをさせてもらいたいと
    思っています
     


    その日の様子、こちらをクリックしてね 
    次のイベントも書いておられます 


    ピンクリボンさんのブログです




    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

    [2011/07/11 00:11] | ○岩崎順子の講演 
    トラックバック:(0)

    ブログ見つけました!!
    海(かい)
    mixiとfacebookで順子さんの本のことと ブログのことを紹介しました。
    子どもの名前をかりて海(かい)と名乗っている「いわもっち」です。
    役場のKちゃんに田辺の研修のこと聞きました。順子さんの「声」が自分の中からいろんな記憶と結びついて 講演を聞いて 涙が止まらなかったの。と感想を聞きました。公務員になって8年以上の方が対象の研修のようでした。R君は残念ながら欠席とのことでした。
    離れていても 心の通う 友人がいることを誇りに思います。


    H松
    委ねるって大事ですよね。

    泣いたり笑ったり・・・

    時には心開けない時も・・・

    ありのまま・・・ですよね。

    海様
    poku
    mixiとfacebookで、紹介してくださってありがとう。
     嬉しいです

    住んでいる距離は離れていても、同じ時代を生きられること嬉しく思います
    また一緒に温泉いこうね ありがとう

    先日の研修で講演を聴いてくれた Kさんによろしく伝えてね


    H松様
    poku
    ありのまま あるがまま・・・

    委ねて生きる、難しいですが、すごく深いことですよね。




    コメント:を閉じる▲
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: