心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    講演のお知らせ

    いつもは対象のかたが限られている講演会も多いのですが、今回は、​対象が限られていなくて、どなたでも参加できるのでよかったらい​らしてください  

    和歌山市精神障害者家族会 つばさの会では、以前も同じ5月に講演したり、つばさの会の代表 岡田道子さんと何度もラジオでご一緒させてもらっています 

    岩崎順子 財団法人 和歌山県人権啓発センター登録講師 

    日時 2012年 5月13日(日) 午後1時~ 

    場所 和歌山市保健所 1階 多目的ホール 
        〒640-8137 和歌山市吹上5丁目2番15号  
         TEL(​073)433-2261
    テーマ 「一人で抱え込まないでね」 無料

    主催 和歌山市精神障害者家族会 つばさの会
    問い合わせ  090ー9876ー6565 岡田様
    心の病いへの理解は、世の中では残念ながらまだまだ少ない状況で​す 

    誰にでもなる可能性があるにもかかわらず、
    精神力が弱いからだ 
    心の持ちようで、変わるはずだ 
    周りや親が甘やかしている 
    育て方が悪いからだなどと、
    誤解している人も少なくはありま​せん

    誤解や偏見が、ご本人やご家族を苦しめる結果になっていることが​多々あります

    心のことは目には見​えにくいから理解されにくいのも事実です

    例えば くしゃみをしても 「風邪なんだな」と人々は理解できます

    ギブスと松葉杖を持って歩いたときは、「​骨折したのだな。歩くことが大変だな。」と、誰からもわかります

    でも心のことは外からでは見えないため 今の社会では誤解や偏見がいっぱいです

    病気の向う側、​見えている姿の向う側にある心を是非、それぞれの心の眼でみていただけるきっかけになってくれると​嬉しいです 

    和歌山市精神障害者家族会 つばさの会 堅苦しい会ではなく、あったかいつばさの会さんです
    関連記事
    スポンサーサイト

    [2012/03/31 01:00] | ○岩崎順子の講演 
    トラックバック:(0)


    ゆうじ
    10数年に躁鬱病の方とのトラブルに巻き込まれた経験がありました。

    周囲は変わった人くらいの認識しかなく、それが却ってトラブルに発展したんです。

    専門家の方に相談したり、精神疾患の本を読んだりしているうちに(それなりに)理解出来る様になりました。


    この出来事が「心」の大切さを知る大きなきっかけになったんです。



    仰る通り誰でも一歩間違えればなりかねませんよね。


    ゆうじ様
    poku
    先生、コメントありがとう。

    心の病気への理解は、残念なことになされていません。

    その結果、ご家族も苦しめることになっているのが現状です。

    周りの人の見守る心が、本人にとってお薬の役割になると嬉しいです。

    コメント:を閉じる▲
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: