心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    大阪にある 大学の看護学部 学生さんの前で、ゲストスピーカーとして講義をさせていただきました 

    看護学部 専門教育科目 ターミナルケア論演習


    昨年も呼んでいただき、今年もまた伺えるのは、とっても嬉しいことです 

    講義の初めに「原稿とか見ながらではなく、みんなの顔や表情を見ながら
    お話をさせてもらうから、顔を見ながら聞いてね」と言うと、しっかりと
    目をみながら 心で聞いてくれました 

    頭ではなく、心で受け止めてくれる時間 
    目に涙をいっぱいためて、聞いてくれた学生さん

    終わってから、学生さん全員が感想をかいて部屋に届けてくれました 

    先生の計らいと温かいお心遣いで、すぐにその場で感想を読ませていただくことができました 
    話す側にとって、こうして感想を読ませてもらえること、とっても嬉しい 

    心を開いて書いてくれている感想が、私の心にしっかりとしみこんできます 

    それぞれ、悩んだり立ち止まったりしながら学生さん達は育っていきます 
    悩んでいるときは、心の根を伸ばしているとき 
    しっかり 根を伸ばしていってね
    根を伸ばしていれば、様々なことに出遭ったときも倒れてしまうことはない 


    患者さんが 治って 「ありがとう」と言われることは、もちろん嬉しいことです
    でも、たとえ治らずにお亡くなりになったとしても
    ご家族から
    「あなたが、いてくれてよかった 
    あなたが 看護師さんでよかった」と
    言ってもらえたとき、本当の意味での看護がおこなわれたと
    いえるのではないでしょうか
     


    患者さんやご家族のの心に 寄り添うことの出来る 看護師さんに
    育っていってもらいたいです 

    大学を出るとき、「ありがとうございました」って言ってくれた学生さん達の
    可愛い笑顔 

    そして、心を込めた看護を実践 指導されている先生に感謝の一日でした 
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: