心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              


    四国88ヶ所をまわらせてもらうことになりました
    友人は、仏教や四国88ヶ所に 興味がなかった人
    本人は「自分が四国88ヶ所をまわるなんて 思ってもいなかったけれど 急に行こうと思って誘ったよ」と言っていました 

    私は、生きている間に、一度はまわらせてもらいたかった四国88ヶ所
    何年も時間をかけて、何回にも分けて、自分で少しずつ歩いてまわるつもりでした

    まさか、こんな形でまわるとは思ってもみなかったのですが(笑)
    これも ご縁 一緒にまわることに 

    おいづる(白衣)に朱印してもらいます

    朱印帳にするつもりだったのですが、夫が亡くなって、棺に入ったとき、私の母が自分が西国33ヶ所をまわったの白衣(おいづる)を持ってきて「これ、圭介さん(夫)にいれてあげてほしい」と言って、棺の中に入れてくれたことをふと思い出しました

    それで、朱印帳ではなく 白衣を選びました

    これは、誰の棺に入れることになるのだろう・・?
    誰かかな・・・
    自分かな・・・?
    ふと そんなことを思いながら・・・

    四国88ヶ所を すべて 歩いて回られた方が 身近におられます 
    その方は、乗り物を使わずに足を棒にしながら、山を越え、川を渡り 88ヶ所まわられました 

    それに比べたら、私がまわっている形は 簡単に楽にまわれて 巡拝とは いえないものです

    でも、心は 今 ここにある

    本堂と大師堂で、般若心経をあげると、はるか昔 人々が歩いたこの地に立っていることが 「縁」として感じる

    般若心経の心

    行ったのは、4月中旬ですが、山道で沢山の桜と出会うことができました 
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:ブログや日記 - ジャンル:ブログ

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: