心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
     
    毎年 7月になると 咲いてくれる庭の 白蓮 です

    白い蓮のように 泥の中でも それを力にして 凛として生きたい 
    (なかなか そのようにはなれないけれど・・そのようになれるか なれないか そういうことさえも超えていきたい))


    不染汚(ふぜんな) (下記は、相田みつをさんが不染汚について書いた文章です) 

    『不染汚』とは、フゼンマとも読み、どんなものにも、染まったり、汚れたりしない、ということです。

    私達人間は、いろいろなものに汚れるんです。
    例えば他人の批判、悪口をいわれれば腹を立てるし、
    反対に、ほめられればいい気になります。
    つまり、毀誉褒貶(きよほうへん ほめたりけなしたりする世評。世間の評判)というものに心が汚されるからです。
    金にも汚れます。
    貧乏すれば貧乏染みるし、金を持てば金持ち面をします。
    どちらも金に心が染まるからです。
    役人も長くしていると、いかにも役人臭くなります。
    役人という肩書きに染まるからです。
    金にも名誉にも、社会的な地位にも、染まりも汚れもしないで、
    本来の自己を保つ ー これが不染汚
    相田みつを
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:ブログや日記 - ジャンル:ブログ

    [2012/05/03 00:00] | 自然からの恵み
    トラックバック:(0)


    -
    東京で講演拝聴しました

    いのちのつながり
    響きました

    もう500回講演されたのですね



    ありがとうございます
    -
    東京で 聴いてくださってありがとうございます

    みなさん あたたかく迎えてくれます

    おかげさまで 500回以上させてもらいました 呼んでくださる方々に感謝です



    ゆうじ
    どんな時も周囲に影響されず自分らしくいようと日々模索している身分なので身に滲みます
    (-_-;)


    ゆうじ様
    poku
    不染汚 道元禅師のふかい言葉ですよね~ 


    コメント:を閉じる▲
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: