心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    もうすぐになりましたので もう一度 アップさせてくださいね
    今までは、講演 シンポジウムのパネラー でさせてもらってきたのですが、先日22日 行なわれた「いのちがいちばん輝く日」での 生まれて初めての司会をきっかけに 舞台と会場を繋ぐ役割をいただくようになったみたいです 
    嬉しいことです

    ノンフィクション作家 奥野修司さんとの トーク インタビュー 奥野修司さんと 会場を繋ぐ役をさせていただくことになりました 
    無題

    奥野修司さんは、徹子の部屋などテレビにもでておられます
    肺がん専門の外科医から 緩和ケアへと転身した医師 がんになり余命1ヶ月と言われた岡部 健医師 について 文藝春秋で 「緩和ケア医師 余命1ヶ月の決断」と題されて書いておられます
    奥野修司氏
     

    日時 2013年1月5日(土) 13時30分~16時30分
    場所 和歌山大学地域連携・生涯学習センター(松下会館)

     和歌山市西高松1-7-20 TEL 073-427-4623
     和歌山県立図書館 きのくに志学館の東隣

    今、あらためて「死と向き合い生を考える」 
    ~ノンフィクション作家 奥野修司氏とともに~


    無料 どなたでも参加できます

    後援 生と死を語る会 和歌山市教育委員会 和歌山県立医科大学



    和歌山で高校生へのデスエデュケーションをされてきた高校教員が、企画されたこの会。
    和歌山市西高松 和歌山大学地域連携・生涯学習センター(松下会館)で 今回13回目を迎えます 人気の会で、毎回たくさんの方がこられます 
    ぜひ お越し下さい





    チラシより抜粋今回は、第27回講談社 ノンフィクション賞 第37回 大宅社 ノンフィクション賞を受賞した「ナツコ沖縄密貿易の女王」やベストセラー「心にナイフをしのばせて」の作家 奥野修司氏を講師に迎えます
    雑誌 「文芸春秋」では「死」と向き合う様々な立場の人々を取材され、執筆されています
    奥野氏のお話の後、後半は「ガンが病気じゃなくなったとき」の著者 岩崎順子氏(財)和歌山県人権啓発センター登録講師)にも加わっていただき、お話を深めていきます。
    ノンフィクション作家と ともにあらためて死と向き合い生を考えてみませんか

    申し込み TEL 073-427-4623
         fax 073-427-7616

    奥野修司氏 ココをクリックしてね 
    img304_convert_20121206172617.jpg


    img305_convert_20121206172710.jpg
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: