心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    石巻の女の子が 市野々小学校の子ども達に お手紙を書いて募金箱に入れてくれました 

     

    「市野々小学校にみなさんへ 
    大雨でつかえなくなったのは 悲しくなかったですか  
    私の学校は もう つかえなくなり ○○学校に かよっています  
    そのため 募金をおくります」


    そのため 募金を送ります という言葉 

    「今の子ども達は・・・ 今の若者は・・・・ 今の日本は・・・」って、人々は言うけれど・・・

    この子の手紙 みたら 「そんなことない!!そんなこと、グチャグチャ言ってる時間が あったら この子の手紙 読んでみて 」って言いたいです

    人のこと 文句言う人に限って 批判するばかりで 動かない

    時間が本当になかったら 現地に行かなくてもいいし お金が本当にないのなら募金しなくてもいい 
    それだけが、支援ではないと思います

    自分が今いる場所から 祈るだけでも 自分の周りの人に ちょっとだけ 優しくするだけでも 大きな意味で 復興に繋がっている 

    世の中のこと 他人のことを 批判する時間があったら 自分にできる 一歩を・・・

    この手紙は そういうことを考えさせてくれる


    「今の世の中は・・・」って、政治のせいにする
    「今の学校の先生は・・」子どもに問題が起こったら、学校にせいにする
    「行政は 何もしてくれない」 苦しくなったら、行政のせいにする
    「今の政治家は・・・ 今の学校の先生は・・・・今の公務員は・・・・・今の若者は・・・・」って、人を批判しながら、生きている人々

    政治の中で頑張っている人は、たくさんいる
    学校の先生の中で 子どもに寄り添って一生懸命の先生は たくさんいる
    役所で 必死になってくれている公務員さんもたくさんいる

    世の中、人のせいにばかりして 自分は動かない
    文句をいうことで 憂さ晴らしをしている大人 
    訴えたり 文句をいわないと損をすると思っている大人

    学校で 子ども同士のトラブルがあっても、すぐに文句を言っていくのではなくて 子ども達を 見守ってやってほしい
    学校は、勉強だけするところではない 
    いずれ 社会に出て、人間関係の問題にぶつかる その時に、超えていける力を養っていくために 練習できる場所 学ぶ場所 

    自分の子どもが正しいと主張するばかりではなく 相手の子さえも一緒に見守って あげてほしい
    親が 解決することではなく こどもたちが 時間をかけて 学ぶはずのことを 見守ってあげてほしい

    石巻の女の子の手紙
    被災したら 痛みがわかるからこそ 募金をしようとしてくれた女の子

    この手紙を 読んで 恥ずかしくないですか?私は、恥ずかしかった...

    大人は 子ども達に 何を残せるのだろうか?
    お金ですか・・・家ですか・・・

    「よっしゃーーー もっと でっかいもの 子どもたちに 残したろうやないか」 って 思えた 

    石巻を支援している人たちの提案で 募金箱を設置 
    その募金箱に 仮設住宅の方々はじめ 石巻の方々が お金を入れてくれた
    自分たちが大変な中 台風被害にあった 那智勝浦の小学校に 募金をしてくれた 
    その募金箱を 運ばせてもらったからこそ
    そして この子の手紙に出会えたからこそ 更に思った 
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

    [2012/12/19 23:55] | 紀伊半島大水害  震災
    トラックバック:(0)


    太陽 空
    希望

    直を友とし、諒を友とし、多聞を友とする。



    「よっしゃーーー もっと でっかいもの 子どもたちに 残したろうやないか」

    朗らかで屈託のない 子どもたちに!!

    太陽 空さんへ
    poku
    大人が もらった役割ですよね
    私たちも 前の世代の人から いいものも もらってますよね


    ゆうじ
    あの時の水害で奥さんと娘さんを亡くされても毅然と町民の為に対応に追われていた勝浦の町長さんや、政府に早急に掛け合って迅速な対応に貢献された政治家の方や、咄嗟の機転で多くの町民を救った役場の方だっているんです。

    それに
    東北の震災でも津波に飲まれるまで避難指示の放送をされ亡くなった女性職員の方もいます。

    そういう方々も居るって事を知ると、公務員や政治家の批判ってできないもんですが。

    っていう僕も人のせいにしないように心掛けます。の

    ゆうじさんへ
    poku
    寺本真一町長のお気持ちを思うと 言葉にならない気持ちになります

    津波に飲まれるまで避難指示の放送をされ亡くなった女性
    そうですよね・・・ 




    りゅう
    こんな時間にすみません。

    泣けました。恥ずかしかったです。

    ・・・ありがとうございました。

    PS:勇気の花…でっかいのですね!

    りゅうさんへ
    poku
    嬉しいコメントです ありがとう

    りゅうさんは 子ども達に対して 恥ずかしくない生き方されていると思いますよ

    勇気の花…でっかいです(^0^)


    コメント:を閉じる▲
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: