心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    市民フォーラム 
    近くなりましたので お知らせさせていただきます 
    どなたでも ご参加いただけます 来てくださったら 私に声を掛けてくださいね 

    日時 3月2日(土) 午後1時30分~ 3時30分
    場所 紀の川市打田町 生涯学習センター
       〒649-6417 紀の川市西大井363番地(市庁舎西隣り)

    テーマ 「一人で抱え込まないでね」
           ~認知症のおじいちゃんが、見せてくれたもの~
         
         岩崎 順子 無料 


    主催 和歌山訪問看護ステーション連絡協議会
    問い合わせ 橋本市訪問看護ステーション 076-34-6119

     
              
    認知症で本人の姿や行動、言動がすっかり変わってしまうとき家族は
    「力強く厳格だった父がなぜ?」「とっても優しかった母がなぜ?このような姿に・・まるで人が変わってしまったようだ」と戸惑います。それが、大切な方であればなおさらだと思います。
    目に映る姿は変わっても、病気の向こう側には元気な頃と変わることのないその方の心が存在します。今は、認知症になっているけれど、赤ちゃんの頃があり、若くて輝いていた時代があります。どんな姿になっても最後まで、人は生きることに意味があること、生かされていることを身体で見せてくれているように思います。

    1時からとなっている紙面を見てくださった方 すみません 1時30分からです 

    和歌山訪問看護ステーション連絡協議会さんのHPです
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: