心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    もうすぐになってきましたので 再アップしますね 

    和歌山のみなさんへ ぜひいらしてくださいませ
    わたぼうしくらぶ主催のイベントです 下記は わたぼうしくらぶさんの文章


    トークショー「こども いのち そしてきずな」

     パネラーとして岩崎順子さん、メアス博子さんを
     お迎えして、トークショーを開催いたします。

     ◆日時:6月16日(日)13:30~16:00
     ◆場所:海南市民交流センター1階ふれあいホール
     ◆参加:無料
     ◆事前予約:不要
     ◆主催:わたぼうしくらぶ
     ◆HP:http://wataboushi2010.com/


     

    6月16日トークショーチラシ

    わたぼうしくらぶさんありがとうございます
    メアス博子さんは、海南市出身でカンボジアで頑張っている女性です 

    メアス博子さんと私との出会いは 不思議でした このブログでも書きましたが 2009年春、息子がカンボジアに行きました
    偶然にも行った先は、スナーダイ・クマエ孤児院
    運営していたメアス博子さんとは全く面識がありませんでした
    息子と同じ海南市出身であることを知って 「えーっ、僕も海南です」という話になったそうです
    帰ってきて、スナーダイクマエ孤児院での様子 メアス博子さんの生き方をきいて、私自身、パワーと元気をいっぱいもらいました
    それから随分してから メアス博子さんの亡くなられたお母さんと私も 海南ですでに知り合っていたことがわかったのです。
    その上、メアス博子さんのカンボジアでの知り合いの方が 私の亡くなった夫と一緒に 京都で劇団をしていた森本喜久男さん(FB)だったのです。私も若い頃、森本さんには京都でお世話になりました。時間や場所を越えて メアスさんとの色々な縁がすでに繋がっていました

    毎年、日本でカンボジアの子どもたちの絵画展をしていると聞いて、なにか出来ることはないかなと思い、ブログやフェイスブックで紹介させてもらっていました。

    わたぼうしくらぶの森下和紀さんご夫妻が絵画展に行ってくれました

    その会場は、先日、他界された島精機の島和代さん(お世話になったかたです)が経営するフェルテ ワジマでした

    絵画展から1年近く、森下さんが ずっとこの企画を温めてくれていて 今回 わたぼうしくらぶ主催で メアス博子さんとのトークショーを実現させてくれたので。

    森下さんが企画してくれたのは、メアス博子さんの活動、姿勢から何か感じるモノがあったからだと思います。まさに 心から心へ 繋がっていき、この会が実現されました

    「こども いのち そしてきずな」 ☆ 参加無料 どなたでも

    オープニングに りら創造芸術高等専修学校の生徒さんによるダンスもあります

    主催は わたぼうしくらぶ
    後援 海南市教育委員会 社会福祉法人海南市社会福祉協議会 公益財団 和歌山県人権啓発センター

    ぜひ、いらしてください。メアス博子さん一緒にお待ちしています

    わたぼうしくらぶさんの HPです
    下をクリックしてね   
    しくはこちらをごらんください
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: