FC2ブログ
    心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね 時空を超えて              
    紀美野町 りら創造芸術高等専修学校での 世界民族祭 in 真国

    ___20131022155704de3.jpg

    りらの生徒さんたちが りらプリンを販売して そのお金でカンボジアの子どもたちを りらの世界民族祭に招いてくれました

    スナーダイ・クマエ孤児院のメアス博子さんとラタナー君 カンちゃんが舞台に

    ラタナー君が 日本語でスピーチをしてくれました 
    メアス博子さんがお母さんになり 育ったラタナー君 
    「夢を持つこと」をみんなに話してくれました  
    ここに至るまでは きれい事では通用しない 様々なことがあったんだろうな


    ラタナー君 カンちゃん ずっとカンボジアにいる二人にとって雨の降る秋の一日は 寒いでしょうね

    着物姿の女の子が楽しく上手に司会をしてくれます 
    世界民族祭 日本の着物姿 可愛かったです 

    りらの学生さん達のパワーたくさんもらった一日でしたよ~

    雨の中 スタッフの方々 保護者の人達が 濡れながらも笑顔でがんばってくれていました 

    舞台に立つ人 スタッフの人 保護者の方達 全てがこの日の印象!

    りらプリンも美味しかったよ~

    rira.jpg

    今年の絵画展でカンちゃんの絵を買った友達が 
    「一生会えないと思っていたカンちゃんに会えるなんて」と喜んでくれていました

    りら

    カンボジアから 帰国したメアス博子ちゃんと2か月ぶりの再会
    言葉とかなくても なんだか通じるものがあるのでしょうね
    彼女は 舞台で「カンボジアで暮らし、ここを離れているけれど 和歌山が好きです」と言いました  

    私は10代の頃 学生時代を過ごした京都に住みたくて和歌山に帰ってくるのがとーってもいやだった 

    でも今はここに住んでいることが誇り 

    それは愛おしい人達とのつながりがあるから 

    そして小さくても 等身大で生きることを それでええよ~ってありのまま受け容れてくれる人達がいて 惚れ惚れするような自然があるから・・・

    そう改めて感じるりらの世界民族祭でした 

    山上範子校長先生 りら創造芸術高等専修学校の生徒さん スタッフの方々 保護者の方々 ありがとうございました 

    スナーダイクマエのメアス博子さんについては み・ち13号に書いています
    よかったら読んでみてね 

    関連記事
    スポンサーサイト




    FC2blog テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ