心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    東日本大震災から半年

    3月11日 大きな地震、目を疑うような津波、原発事故

    今も行方不明になっておられる方、身内を亡くされた方、お家をなくされた方

    つらい思いをされている方々の暮しやお心が、少しでも楽になられることを祈ります

    そして、震災で亡くなられた方々のご冥福を祈ります

    東日本大震災のときに、阪神淡路大震災に遭った方々がいち早く動いてくれました
    何が被災地に必要なのか、被災された方々が、どういうことを求めているのか、日々刻々と必要なものは変わっていく
    ご自身が被災されたときの経験を活かして、迅速に動かれました
    気持ちがわかるから 状況がわかるから 関西から出るトラック、バスの様子

    それぞれにできることは 何か・・

    視聴覚障害をもった方が、困っていること
    1人暮らしの高齢者の方
    入院している患者さん
    こどもたちの心
    余震にふるえる気持ち
    精神障害 知的障害をもった方、
    そのご家族が目の当たりにしている問題
    おなかに赤ちゃんがいるお母さん
    入ることの出来ない地域に残った動物達


    震災の日に、新しいいのちが誕生すること

    分かち合い、支え合うこと 人々の意識

    和歌山でも にんにこ被災者ネットワークが、3月に立ち上がりました
    ここをクリックしてね 

    それぞれが、それぞれにできること

    岩手県山田町 大沢小学校の女の子からのメッセージもありました
    ここをクリックしてね 

    震災後、友人が提案してくれました
    「震災の後は、誰もが募金をと思うけれど、月日が経つと募金をする人が
    段々、少なくなるかもしれない せめて毎月、11日に義援金を送るようにしよう」って
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: