心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    10469699_629866817131876_3219395439387767731_n.jpg

    庭に小さな白い紫陽花が咲いてくれました  

    今年は咲かないと思っていたのに 可愛く咲いてくれました
    「家の中に来てね」と紫陽花に頼んでリビングに来てもらいました

    花器は 奈良 藺生(いう)窯 溝渕眞一郎さん作 奈良の鹿 人が描かれています

    【自渡 渡人 じととじん】
    は私の座右の銘でもある言葉

    夫のいのちのが後数か月だとわかり苦しかった時期にある先生がくれた言葉です

    「超えることの難しいこの河をあなたがいつか自分で渡ることができたなら今度は他の人も河を渡ることができるようにしていってください
    その人をあなたが運ぶのではなく 船を持ってきて乗せてあげるのでもない
    その人が自分自身で河を渡れる日がいつかくるように」


    私も色々な方にそれをしてもらってきた 
    助けてもらうばかりでなく もう そろそろ次にそれをしていかないとね

    自渡渡人の文字 と 奈良絵の花器  そして小さな白い紫陽花 
    どれも大好きなものたち 

    今年はピンクの紫陽花に始まり 紫陽花に和ませてもらったなぁと思う今日この頃でした 

    日々 時間に追われているあわただしさの中 心は原点に 

    関連記事
    スポンサーサイト