心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              

    8月1日~3日 今年も カンボジア スナーダイ・クマエ孤児院の子ども達の絵画展が 和歌山市 フォルテ ワジマであります

    ぜひ足を運んでください
    そして メアス博子ちゃんに声をかけてみてください
    2014絵画展_01
    チラシをクリックしてね



    左 メアス博子ちゃん 

    昨年 たくさんの方が足を運んでくれました

    絵画展の収益金は カンボジアからの補助が一切ない 孤児院の運営費に使われます

    海南市出身のメアス博子さん カンボジア スナーダイ・クマエ孤児院の運営をしています

    学生さんたちが 他府県から手伝いにきてくれています
    それだけ彼女の生き方には 何か魅力を感じるものがあります

    昨年は わたぼうしくらぶさんのおかげで 海南市民交流センターで トークショーをさせていただき 沢山の方がきてくれました 感謝します


    シングルマザーで自分のお子さんを育てながら孤児院の子どもさんたちのお母さんでもあります


    カンボジアの子ども達への同情とかではなく 同じいのちを受けた人間として 

    きれいごとではなく本音で生きようとするメアス博子さん

    ぜひ一度会ってみてください

    本人いわく 「人見知りする(笑)」



    私にも 彼女の何かお手伝いできないかと考えました
    そこで思いつき・・・
    絵画展のときに「トークする?」
    二人で決めた結果
    絵画展で彼女がカンボジアの子ども達のことなど
    今まで語らなかった心の底をお話するお手伝いをすることになりました



    色々なことを誰からも教えてもらえない環境で育った子ども達
    心にゆとりがなかった子ども達に丁寧に
    色々なこと(日常のこと)を教えていくこと

    絵を描いたことがない子ども達に絵を描く時間を作った理由
    親がいない子 居ても虐待されている子たち
    絵を描くことで子ども達の心が絵を描くことによってどう変わっていったか

    よく「カンボジアの子ども達が目がキラキラしていますね
    今の日本の子ども達は・・・」言うけれど
    そうさせたのは大人ではないのでしょうかという彼女の言葉が心に響きました

    私達大人が 今するべきこと

    子ども達の絵を一人でも多くの人に見てもらいたいという思いを込めて

    「よし やろう!」
    メインは メアス博子ちゃん 私は彼女の聞き手に

    タイトルを二人で決めました。

    メアス博子 心の奥底を語る
                  ~聞き手 岩崎順子~



    メアス博子ちゃんとスナーダイ・クマエについては このブログの カテゴリーの中の
    スナーダイ・クマエ孤児院をみてくださいね
    どうして出会ったか や 毎年の絵画展について書いています

    リンク先 カンボジア スナーダイ・クマエ孤児院のブログも見てね

    kaiga.jpg


    10556368_710071495730974_1351819929748948471_n.jpg

    ここからは メアス博子ちゃんの文章です



    和歌山絵画展でもトークします!★急きょ決定★
    東京、神戸と連続でトークをさせていただいてきた今年の絵画展ですが、
    最終地和歌山でもトークが急きょ決定しました。


    スナーダイ・クマエ和歌山絵画展2014

    8月1日(金)~3日(日) 午前10時から午後5時まで
    フォルテワジマ2 F(中央にあるギャラリーです)


    *8月2日は午後4時以降フォルテワジマ周辺がお祭りのため
     交通規制がかかります。車で来られる方は少し離れた駐車場を
     ご利用ください。

    最終日3日(日)午後3時から・・・

    メアス博子・心の奥底を語る ~聞き手 岩崎順子

    そうなんです、今年も全国各地でいのちについての講演をされている
    岩崎順子さんと共に登場します。


    今回は二人のトークというより、絵画展に足を運んで下さる方に
    絵画展の背景にあるもの(子どもたちの環境などを中心に)を通じて
    私自身の心の奥底にあるものを岩崎さんが引きだしてくれるという
    構成になっています。
    全国各地、もう700回以上の講演をされている岩崎さんが聞き手になって
    下さると・・・。

    プレッシャーもありますが、地元和歌山、しかも今年の最終開催地で
    慕っている岩崎さんとこのようなイベントができることは本当に光栄です。

    会場がそんなに大きくないので椅子が少なくなってしまうかもしれませんが、
    ぜひトークを聞いて子どもたちの絵をご覧いただき、より理解を深めて頂く
    時間にしてもらいたいと思っています。




    1004589_534532899939755_2108262762_n.jpg
    昨年6月 海南市民交流センターで行われたトークショー
    主催 わたぼうしくらぶ

    関連記事
    スポンサーサイト