心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              

    和歌山県主催 わかやま こころのフェスタ 2014
    アルフォンス・デーケン先生 
    「よく生き よく笑い よき死と出会う」

    11月16日(日) 開場 13時30分 開演 14時 終演 16時
    和歌山市中央コミュニティセンター 3階 多目的ホール大

    受講無料 200名 要申し込み

    なんと あのアルフォンス・デーケン先生(82歳)が 和歌山に来てくださいます 

    死の準備教育を日本に広げてくれたアルフォンス・デーケン先生

    7月には 奈良県のホスピスとがん医療をすすめる会(浦嶋偉晃会長 FBにいます)主催で デーケン先生の講演会行われ 奈良に行かせていただきました

    ユーモアとは「にもかかわらず」笑うことである(ドイツの有名な定義)
    悲嘆教育(グリーフ エデュケーション)の必要性
    などを にこやかな笑顔で語ってくれました 

    デーケン先生は ホスピスを撮り続けたドキュメンタリー映画「いのちがいちばん輝く日」のトークショーにもご出演されています

    にこやかな笑顔で わかりやすい言葉で 大事なメッセージを日本語で伝えてくださいます

    7月 奈良にて デーケン先生の会でお会いした皆様へ
    今度は 和歌山での再会をお待ちしていまーす(*^▽^*)

    和歌山はもちろん 他府県からのご参加も多いと思います
    200名限定ですので お申し込みはお早めに

    申し込みが必要です

    和歌山県精神保健福祉センターに申し込みをしてください
    電話 073-435-5194
    FAX 073-435-5193
    手話通訳 要約筆記ありです

    電話 または FAXにて 名前 住所 連絡先電話番号を伝えてください


    _rara_.jpg


    tirasi__.jpg

    s__

    乾杯
    左から デーケン先生 溝渕雅幸監督 浦嶋偉晃さん
    IMG_6928.jpg
    左から 久保田千代美さん デーケン先生 岩崎

    2014年7月 アルフォンス・デーケン先生 奈良県ホスピスとがん医療をすすめる会 ← クリックしてね 
    関連記事
    スポンサーサイト