心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    DSCN8473.jpg

    充実した5日間は もう終わった 

    戦争があったベトナム 戦争は日本にも世界にも

    過去の話ではなく 今も同じいのちなのに奪い合いあらゆるものを 自分のものにしようとする

    刀だったのが 鉄砲になり 原爆になり そして今はもっと悲惨な方法で いのちを奪い合っている

    その背景には 大きな力が支配しようとしている


    人間はきれいごとだけではなく 人を憎んだり 恨んだり 妬んだりする生き物だと思う

    でも 悲しみを慈悲にかえたり 痛みを温かみにかえ 人を慈しみ育むこともできる生き物だと思う

    「戦争はダメだ」と口では言いながら 一方では自分の周りの人を陥れようとする 好きな人や欲しいものを独占しようとする 人より優位に立とうとする

    自分は正しいと思いこみ 他を排除しようとする
    人間だから それもあり だと思う

    でも 自分は絶対に正しいことをしているのだという思いこみが 人との争いにつながっていくこともありますよね
    「正しいという名の鎧」を身につけてしまう

    誰が正しいとか正しくないとかではなくて 「人との違い」を認めていく 時間がかかっても相手を受け入れていくこと 大きいんじゃないかな

    私には歴史のことや難しいことはわからない

    でもいつの時代も それぞれ人間 価値観なんてみんな違う 

    違って当たり前だと思う

    絶対これが正しいとか これは正しくないとか ダメだとかって あるのかなって
    ーーーーーーー

    「今の時代は・・昔はよかった」と口癖のように言う大人がいる

    でもその時代 その時代に つらいことがあり 苦しいことがあり 嬉しいこともあったはず

    昔はよかったばかり言うのではなくて 今ここにいる人 これからのエネルギーの子ども達を少しでも 笑顔にしないと今がもったいないよね

    ーーーーーーーーーーー

    人間なんて綺麗な面だけじゃないから 恨みも憎しみも抱えながら生きていく

    恨みも憎しみを 時間がかかっても いつか受け容れて慈しみにかえて 誰かを笑顔にすることもできる

    今 その瞬間を生きていく 
    ーーーーーーーーーーー

    上の写真ははあまりにも 有名な写真
    1972年のもの

    服も家も親もなくなり 泣いている子ども達 

    これは昔のことではなく 今も形を変えて続いている


    ーーーーーーーーーーー

    ありがとう ベトナム さようなら ベトナム

    素敵な方々とのこの旅に 心から感謝します

    一生 忘れない旅でした 


    ーーーーーーーーーー


    気持ちを思うままに書いてみましたが 自分の考えがも正しいなんて全く思っていないし 戦争について どなたかと賛成か反対かとバトルしたいとか 全くそういう気持ちはありません(*^^*)

    みんな考えが違うからこそ 人類は生き延びてきたのではと思っていますので色々な考えがあっていいと思っています (*´▽`*)





    ーーーーーーーーーーーーー

    濃厚で素晴らしいベトナムへの旅 

    10年前に 講演でお世話になった狹川普文さんを今年の7月にお尋ねしたことで 参加させてもらうことになったこの旅

    素晴らしいご縁で ベトナムに連れていただいたこと 

    参加された方々がとっても楽しく それぞれにステキだったこと 

    本当に楽しく感動がいっぱいの旅でした

    私が個人で行っても体験できないことの連続 連続

    知らない国にもかかわらず ずっと安心していられたのも この企画をしてくださった狹川普文様 添乗員の方々 同じ旅の方々のおかげです 

    そして無事にかえってくることが出来たこと 

    深く感謝します
     
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ