心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    小樽の義母のところから昨夜帰ってきました 

    雪がすごくて和歌山に帰ってきたらあったかい(笑)

    IMG_3683.png


    IMG_3798.jpg

    IMG_3721.jpg

    88才になった母 

    二人の子どもを 若い頃に二人ともなくし 父を認知症で見送った母の言葉は深い

    「房枝(娘)が20才過ぎで亡くなったとき 自分が辛すぎて 当時まだ10代だった圭介(息子)が辛かった気持ちに寄り添うことができなかったなぁ~申し訳なかったと今になってつくづく思うよ 何も出来なくても 寄り添うって大事だね~って今になって 思うんだよね~」

    「私は物には恵まれない人生だったけれど 愛には恵まれたと この年になって気づいたよ 
    80才になっても まだわかんないことが88才になって ようや~くわかることがあるんだね 88年 のんびりぼや~っと生きてきたから なかなか気づかないんだよね~ この年になって今が一番 幸せだ~」

    と母は言いながら笑った 

    子どもをなくす 親としてこれほど厳しいことはないように思う

    体が引き裂かれるくらい辛かったことが2回もあった88年間

    幸せだって言えるようになるまで どれだけ色々な思いをしてきたんだろう 

    「これからも まだまだ色々なことがやってくると思うけれど 心配したって 今からどうなるかなんて 誰にもわかんないもんね~ しょうがないよね~」と言う母  

    10924751_799386023513287_3545829359620437138_n.jpg


    最後にハグして別れた(;;)

    ずっと手を振ってくれていた(;;)

    今回 大笑いした母の顔を何度も見ることができた
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ