心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    2月中旬のことです 温泉に一人で行きました
    時間がない2月 3月 わずかな充電タイム

    小さな男の子が お母さんとおばあちゃんとでお風呂に入っていました
    お母さんが男の子の頭を洗おうとすると 男の子が泣き始めました
    おばあちゃんが なだめて洗おうとしても 男の子は更に号泣

    「お父さんがいい お父さんがいい お父さんがいい」
    大きな声で泣いている男の子

    そのとき ふと 自分の子ども達を思い出した

    こういうことは言えない状況だったのだなって・・

    今 シングルマザーの家庭も シングルファーザーの家庭も多い時代

    シングルのお父さんも お母さんも 2倍以上頑張っているよね
    2倍じゃないんだよね 2倍以上だよね

    自分がなってみて 初めて大変さがわかった
    それまでは頭で思っているだけだった

    何もかも一人で決めなくてはいけない

    ひとり親だから 子どもが寂しい思いをしないようにと思っても 傍に居てやれない状況
    働かなくてはいけない
    生活費 自分で稼がないといけない

    投げ出したくなることもあるよね

    遊びにいった先では 両親揃った親子連れがいっぱい
    余計に悲しくなったこともある
    来なければよかったと思ったこともある

    夫婦の間で ああだこうだという話ばかりを聴くことに
    うちの夫は・・・・人はそういう話がこれほど多かったことに 初めて気が付く

    子どもが病気のときは相談できる相手がいなくて 本当に困った

    一人で叱って一人でその後 なだめる 両方を一人ですることに疲れたこともある

    大変なことだらけだった

    でも大きくなったら 子ども達は色々わかってくれるようになる

    いつかきっと わかってくれる

    だから小さい子をもったお父さん お母さん 大丈夫

    一人で抱え込まないでね

    そして頑張ってきた自分を褒めてあげてね

    今だから言える 大丈夫 きっと大丈夫 

    フレーフレーシングルファーザー  

    フレーフレーシングルマザー


    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ