心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    障害があって本を読めない子ども達に 本を読むことができるチャンスを
    与えてあげてください

    本を読めるのは当たり前 文字を読めるのは当たり前と思っていませんか?

    読めない子ども達がいます

    スクリーンショット (661)

    チラシはくりっくすると大きくなります 

    参加無料 

    (下記はチラシより抜粋)

    障害があるために、紙の本では読むことが難しい子どもたちが大勢います。

    特別支援教育を受ける子どもたちは、年々増加しています。

    しかし彼らの読書環境の整備はまだまだこれからです。

    今、電子図書などの支援媒体の充実とともに、障害のある子どもたちへ
    読む楽しさを提供できる人材の養成が求められています。

    そこでこの講座では、読むための障害となるさまざまな原因と、それを解消するために有効な媒体、支援方法について学び、読書支援ができる人材の養成を目指して実施します。

    「僕も読めた!」 「私の好きな本を見つけた!」 さまざまな理由で、これまで読書を諦めていた

    子どもたちの「笑顔」を創るために、ぜひこの研究会をご活用下さい。


    主催: 公益財団法人 伊藤忠記念財団
    協力: 和歌山県立図書館
    後援: 文部科学省(申請中)・和歌山県教育委員会
    和歌山県公共図書館協会
    公益社団法人 全国学校図書館協議会
    *日程、会場


    平成 27 年 5 月 30 日(土) 午前 10 時30 分~午後3 時40 分(開場:10 時00 分)

    和歌山県立図書館 2階 講義研修室 (和歌山市西高松一丁目 7 番 38 号)

    せひご参加ください 

    お友達にもお知らせくださいね 


    関連記事
    スポンサーサイト