心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    地魚 さとう ご紹介 

    私の本「ガンが病気じゃなくなったとき」の中に出てくるお店 かあちゃん お兄ちゃんという名前で本の中に出てくるのは、佐東啓史(さとうひろふみ)さん 本を読んでくれたかたが「かあちゃんというお店のお兄ちゃんにぜひ一度、会ってみたい。行きたい」と言ってくれて、お連れしたり、紹介したりしたことが何度もあります
    行った人たちはみんな、お店やマスター、お料理を気にいってくれて、嬉しいです 
    こどもたちが、小さい頃から可愛がってもらっているので、私たち家族は、いまだにお兄ちゃんと呼んでいますが、みんなマスターと呼びます お店に行ったら、マスターと呼んでね 

    かあちゃんは、2010年から 「地魚 さとう」という名前で新しいお店になりました おしゃれな建物で、ジャズが流れています 場所は、かあちゃんがあったすぐ傍です
    お客さんから、とっても愛されているマスター家族なので、オープンのときには、お店からあふれるくらい、たくさんの花、そして沢山のお客様でいっぱいになっていました

    地魚 さとうのホームページ http://sato620.com/
    上の文字をクリックしてね 
    ムービー版もあります 
    店内の様子や、マスターはじめスタッフの笑顔、和歌山県有田市の辰ケ浜漁港での様子が見られます 



     さとうのHPより
    「おかえりなさい」
     お客様に、我が家に帰ってきたようにくつろいでいただきたい。
     そんな気持ちがいつも私たちを笑顔にさせてくれます。
     お客様への「ありがとう」の気持ちをいつも忘れず、お客様が また帰って来たくなる「さとう」でありたい。
     私たちが心よりお待ちしております。


    和歌山県有田市の辰ケ浜漁港。
    マスター自ら毎日仕入れに通う港。
    漁船から積み下ろされたばかりの魚介類を直接仕入れ、 その場で下処理をするという、新鮮さへのこだわり。
    仕入れた食材はすぐさまマスターと共に開店直前のお店に直行。
    休む間もなく、店内で次々と新鮮な魚がさばかれていきます


    HPのごあいさつのページ、お店の前での写真 一番左が、マスター
    その隣は、マスターのお母さん 
    (残念ながら、マスターの可愛い奥さんは写っていません)

    ハートの温かい、ステキなマスターに会いにいってくださいね 
    新鮮なお魚、色々な料理 とても美味しいですよ 
    さとうに行くと、笑顔になれます 
    さとうに行くと、幸せな気持ちになれます 
    落ち込んでいるときも、元気がもらえるカウンター席 マスターの奥さんも、お母さんも、本当に温かい人
    子どもたちが、小さい頃から釣りにつれてもらったり、スイカ割りを一緒にして遊んでもらったり、ずっと親切にしてもらっています 

    土日は、特にお客さんがいっぱいなので、席を予約をして行く方がいいかも 
    ジャズが流れるおしゃれなスペース マスターと話しができるカウンター席もおすすめです 
     073-483-3680
    地魚 さとうのホームページ http://sato620.com/
    ぜひクリックしてね  

    足を運んでみてね 美味しい料理とお酒、ステキな人たちの笑顔がまっています 
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:おもうこと - ジャンル:ブログ

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック: