心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね              
    スクリーンショット (711)

    8月6日広島に 9日には長崎に原爆が投下されました

    【戦後70年 私達の足元を支え続けてくれた人達に
      ~正しいという名の鎧(よろい)はいらない】
    というタイトルでこの時期だからこそ季刊誌 み・ち 20号に書きました

    (その冒頭部分)

    終戦記念日が今年もやってきます。
    戦後70年。言葉にすると短いけれど、生まれた赤ちゃんが様々な体験をして70才のお誕生日を迎える年月です。

    戦争を体験した方々、戦場に行かれた方々が高齢になり、お亡くなりになる方も多い中
    「戦争のことを伝えていかなければ」と言っておられます。

    戦争の体験を聴かせていただくたびに、この方々のお気持ちをなんとか形にして伝えたいと思っていました。

    でも私は戦争を体験していません。
    戦争を体験していない自分が戦争のことを語ったり書いたりするのは、申し訳ないことだと思っていました。

    沖縄出身のバンドが「おじいやおばあに聴いた話を歌にして伝えたい」と一所懸命に歌っている姿。
    原爆の体験をおばあちゃんから聴いて、それを歌にして歌っている女性。

    その姿を見て「私も伝えていこう!自分なりの方法で」と思いました。

    一歩踏み出すことができたのは、その方達のおかげです。

    スクリーンショット (712)

    スクリーンショット (705)

       

    ☆ 季刊誌 みち 
    http://book-michi.com/
    関連記事
    スポンサーサイト

    FC2blog テーマ:本・音楽・映画・劇他・・ - ジャンル:ブログ