FC2ブログ
    心から心へ いのちからいのちへ         講演のお知らせや 皆さんからいただいた感想をアップさせてもらっています 人のご縁や自然の中で生かされていることをちょっと心を緩めて書かせてもらいますね 時空を超えて              
    27657282_1829347593850453_3270706735640406174_n.jpg

    2018年3月 「東京で四万十 いのちの仕舞い」の上映&トークショーを溝渕雅幸監督と一緒にさせてもらった際に新宿区の大龍寺の太田賢孝さんが10代の息子さんと来てくれました 

    その後、太田賢孝ご住職が11月10日にご自分のお寺で上映をされることになりました 

    その訳を初めて知って、まさにおばあさまからのいのちの受け継ぎだなと思ったのでシェアさせてもらいました

    四万十 いのちの仕舞い上映
    11月10日(土) 14時~ 大龍寺様にて 

    〒162-0053 東京都 新宿区原町2丁目62  03-3203-8394



    太田ご住職の文を読んでみてください 

    *****ここからは太田賢孝ご住職の文です******

    この話は、たぶん昭和20年代だと思います。
    私の祖母は、終戦直後にお寺の住職だった夫を亡くして、7人の子育てをしつつ、空襲で全焼したお寺の復興に精力を傾けていたそうです。
    加えて、地元町会や子供たちの学校でも一仕事を担っていたそうで、ある時は、境内の植木にロープを渡して、そこに白いシーツを張って、近所の子供たちを集めて映画上映をしていたこともあったそうです。

    今の大龍寺は、戦後の大龍寺を牽引していたこの祖母が蒔いてくれた種によって支えられていると感じることもしばしばです。
     
    今回、このようなきちんとした映画を、監督やプロダクションに申し込みをして自主上映会を開催させていただくのは初めてなのですが、実務上わかっていない点も多々あると思いますが、祖母が何を考え、何をしたくて映画会を開催していたのか、思いを馳せながら、この一歩を進めることが今回の私の課題と思っています。

    ★開催に当たり各種提案、準備のご指南、当日のお手伝いなど関わっていただける方は、メッセージお願い致します

    41385904_543986042702728_6949962473176825856_n (1)

    ケアニン上映会 10月27日(土)参加無料 先着申込順
    6月に大変お世話になった地域・結びタイさん(和歌山市第1在宅医療・介護連携推進センター)が主催です

    映画『ケアニン』上映会

    申し込み順 無料


    ケアニンってなんだろうと思う方はこちらのページをみてね
    http://www.care-movie.com/




    下記は10月10日現在の和歌山市第1在宅医療、介護連携推進センター様のページより😃✨🍀

    おかげさまで第1部は満席となりました第2部は まだ余裕あります✨

    会場はイオンシネマではなく「イオンホール」ですので、お間違えのないようにお願いします


    b82fe0000a41ba8cb35228d14b93f741.jpg

    三宝の集い 2018

    ここからの文は、仏教クラブ様のページより


    会 期:平成30年10月20日(土)(09:30~16:30ごろの予定)

    会 場:浄土宗総本山知恩院山門前の『和順会館』(オープニング:9:45)

    内 容:4名の当クラブ会員による法話を中心として、わかりやすい仏教を発信します。

    森 清範様 名誉会員 清水寺貫主(北法相宗 管長)

    中西玄禮様 副会長  永観堂禅林寺第90世法主(浄土宗西山禅林寺派 前管長)

    有馬賴底様  会 員   臨済宗相国寺派 管長

    本多隆朗様 副会長  浄土真宗西本願寺派 本願寺執行長

    国宝・知恩院御影堂修理に伴う文化財修復資料や技術の紹介と講演。

    色紙のプレゼント 今回、お話頂く高僧4名に各3枚ずつご揮毫頂いた直筆色紙を会場の12名の方々に抽選でプレゼントする予定です。

    賑わい市 会場は、各会員による出店等で盛り上げます。

    img367.jpg

    クリックorタップしていただくと大きくなります

    9月25日 地元海南市で女性会連絡協議会様の人権研修会で講演

    タイトルは 大切な人だからこそ言えない言葉ってありますよね~ 

    わかやま新報様が10月2日記事にしてくれました

    この日は、始まる前から
    「お父さんとお母さん元気?」
    「おじいちゃんとおばあちゃんは?」
    と沢山声を掛けてもらいました


    糸幸呉服店と子どもふくのティンクルを海南一番街でさせてもらっていたときのお客様がいっぱい

    始まるまでも終わってからも、みなさんがずっと話掛けてくれます 

    子どもの頃から知ってくれている女性のかたも沢山いて懐かしい 

    おさびし山のさくらの木を読ませてもらいました 

    グロッケンという楽器で「浜辺の歌」も演奏させてもらいました

    地元でお話させてもらえて温かい一日をもらいました

    お店は、
    海南市船尾  海南郵便局本局のすぐ南にある
    地魚さとう 佐東啓史(さとうひろふみ)さんのことです
    私の著書「ガンが病気じゃなくなったとき」の中に居酒屋かあちゃんとして出てきます

    42644408_2146491238802752_2406031913190948864_n.jpg

    知り合いの方がお花をもってきてくれました ✨

    【海南市美術展】86才の父 糸川達夫が昨年に続き奨励賞をいただいた

    今年3月車の中で少し体調が悪くなり心臓に不具合があったことがわかりました 

    運転をきっぱりやめ、自転車か杖をついて歩くかなので、近くの橋の上から撮った一枚の写真

    商売、仕事一筋だった父が店をやめてから始めた写真

    タイトルは「一休み」 

    先生から「足をあげ一服しているカメさんと橋の枠が波だった水面に写っているのがいい」と言っていただき嬉しそうでした

    こういう笑顔が続いてほしい✨

    写真の前で杖をついた父を撮りました

    神出市長、市会議員の方々、受賞者、その関係の方、沢山出席されていました

    7日(日)まで海南保健福祉センター2階で多くの作品(絵や書道、工芸など)が展示されています

    42709511_2148973435221199_6072432167055523840_n.jpg

    42750271_2148973308554545_3583248948279640064_n.jpg

    授賞式

    42763952_2148973315221211_8409132416051970048_n.jpg

    86才の父 写真の前で

    42787679_2148973318554544_397965566498832384_n.jpg

    一休み 亀が足をあげています

    42720634_2148973418554534_8214204913006149632_n.jpg